ネット証券Blog

大阪の個人投資家kabuthree(カブスリー)の個人ブログです。ネット証券 / FX / 証券業界 などについて書いています。

 

SBI証券[ ネット証券Blog ] 
1月18日(土)に、SBI証券のスマートフォンサイト(スマホサイト)がリニューアルしています。従来のサイトでは株式の取引には対応していなかったそうですが、リニューアル後のスマホサイトでは、現物・信用ともに取引が可能になり、NISA口座の取引にも対応しています。


私個人は、スマホでSBI証券の取引をする時はスマホアプリ「SBI株取引」を使用していたので元々不便は感じていなかったのですが、今回はWebブラウザでアクセスするスマホサイトの方がリニューアルされました。

特に、NISAに対応したというのが今回の重要な点です。なぜ重要かというとスマホアプリ「SBI株取引」は現時点でNISA対応していないからです。スマホアプリ「SBI株取引」でも、いずれはNISAについてに対応すると思いますが、「NISA口座」での取引は「一般預り」や「特定口座」のようなアクティブ型の短期投資はそれほど多くないはずですので、アプリよりもWebサイトの方を優先して対応することにしたのでしょう。NISA口座で新規に株取引を開始する投資家は、既存の投資家よりも、スマホのブラウザから取引をする人の割合が高いでしょうから、SBI証券の方針は理にかなっていると思います。

さて、リニューアル後のスマホサイトを使用してみましたが、自動ログイン機能(ユーザーネームとパスワードの保存機能)が備わっているなど、モバイル端末の取引サイトにしては使い勝手がよかったです。

リニューアル内容の詳細はSBI証券のお知らせをご覧ください。

「スマートフォンサイト」全面リニューアルのお知らせ
〜画面デザイン・操作性の全面リニューアルを実施し、国内株式の取引も可能に!〜

スマートフォンサイト全面リニューアルのお知らせ

 株式会社SBI証券(本社:東京都港区、代表取締役社長:眤疾疑諭以下「当社」という。)は、2014年1月18日(土)より、当社が現在提供しているスマートフォンサイトについて、全面的なリニューアルを実施することとなりましたので、お知らせいたします。

 このたびのスマートフォンサイトの全面的なリニューアルは、お客様の利便性向上を実現するべく、画面デザインやメニューを刷新するものです。スマートフォンならではの直観的な画面デザインやメニュー構成を追求することで、これまで以上に快適な操作性を実現いたしました。また、国内株式の取引(現物・信用ともに)に対応しており、2014年1月より開始したNISA(少額投資非課税制度)の取引もできるようになります。このスマートフォンサイトをご利用いただくことで、株価や板を確認しながら、リアルタイムにスムーズにお取引いただけるようになります。

 当社は、2010年10月にiPhone向け株取引アプリ「SBI株取引 for iPhone」をはじめ、2011年6月にAndroid向け株取引アプリ「SBI株取引for Android」、2011年7月にiPhone向けFX取引アプリ「SBI FX α for iPhone」の提供を開始するなど、移動中や外出先といったPCをご利用できない環境でも各種取引が可能となるようスマートフォン向けサービスの拡充に努めてまいりました。今後も、スマートフォンサイトのさらなる拡充や株式・先物オプション取引アプリの拡充・提供を予定しており、様々な取引チャネルにおいて積極的に魅力あるサービスの提供を行い、お客様へより良い投資環境の提供に努めてまいります。

<リニューアル後のスマートフォンサイトの主な新機能>
・サクサク操作できるよう、画面デザイン・メニューを全面的にリニューアル!
・国内株式の現物・信用はもちろん、NISA(少額投資非課税制度)もご注文が可能に!
・スマートフォンサイトに自動ログイン!シームレスな取引が可能に!
※詳細につきましては、当社WEBサイトにてご確認ください。(https://www.sbisec.co.jp)

PR

岡三オンライン証券[ ネット証券Blog ] 
岡三オンライン証券が1月20日から日本株ページ(コーポレートサイト)をリニューアルしました。投資情報のレイアウト変更、動線の改善がなされたようです。


岡三オンライン証券の日本株ページのURLは下記になります。
http://www.okasan-online.co.jp/jp/

私個人は、元々このページを見ていなかったので、以前のページとの違いがよくわからないのですが、お知らせによると「当社でお取引いただくメリット、サービス内容を視覚的に把握できるようレイアウトを工夫した他、
当社のストラテジストによるマーケットポイントなど、無料でご覧いただける投資情報コンテンツへの
導線も、一目でわかるようにいたしました。」
とのことです。

岡三オンライン証券の池田社長は、新年の挨拶で「スマホ、タブレットなど新たな取引ツールの開発、さらには各種投資情報の拡充」と明言していましたので、このぐらいの改善は当然かもしれません。(手数料値上げもありましたし。)

今回の岡三オンライン証券からのお知らせは下記のとおりです。

日本株ページ(コーポレートサイト)リニューアルのお知らせ
〜無料で閲覧できる投資情報も!当社で日本株取引するメリットも!より分かり易くなりました!〜

岡三オンライン証券株式会社は、平成26年1月20日(月)より、コーポレートサイトの日本株ページ
をリニューアルいたしましたので、お知らせします。

より分かり易く、より有益な情報提供をコンセプトに、日本株ページをリニューアルいたしました。
当社でお取引いただくメリット、サービス内容を視覚的に把握できるようレイアウトを工夫した他、
当社のストラテジストによるマーケットポイントなど、無料でご覧いただける投資情報コンテンツへの
導線も、一目でわかるようにいたしました。

新しくなった日本株ページで、当社のサービス内容、価値ある投資情報をご確認ください。

日本株ページリニューアルのお知らせ


岡三オンライン証券の日本株ページは以下よりご確認いただけます。
http://www.okasan-online.co.jp/jp/

今後とも岡三オンライン証券をご愛顧賜りますようお願いいたします。

マネー誌2013年1月21日発売[ ネット証券Blog ] 
1月21日発売の月刊のマネー誌をざっとですが読みました。どこもNISA、確定申告、株主優待がテーマになっていました。優待生活投資家の桐谷広人さんは日経マネーとダイヤモンド・ザイの両方に登場して人気者ですね。



1月発売分で、どれか1冊というなら、日経マネーにします。ホリエモン(堀江貴文さん)のインタビューがあったので。



あと、月刊誌じゃないですが、週刊東洋経済も株・投信特集でした。

SBIジャパンネクスト証券[ ネット証券Blog ] 
2014年のIPO(新規公開株式)の証券会社での取り扱い実績をまとめました。これを参考に事前に資金移動をしておいたり、口座を開設していない場合は開設しておくとよいでしょう。


2013年 IPO(新規公開株)取扱実績まとめ
IPO銘柄 証券会社 申込期間 割当て

2014/02/13(木)


4589

アキュセラ・インク

 

東証マザーズ
(外国株)医薬品

三菱UFJMS証券 (主幹事)

需要調査期間 1/27〜1/31(11:00)

 

SBI証券 (副幹事)

ブックビル期間 1/27(9:00)〜1/31(18:00)

 
大和証券

抽選申込期間 1/27〜1/31(11:00)

 
みずほ証券

抽選参加期間 1/27(8:00)〜1/31(10:00)

 
SMBC日興証券

イージートレード需要申告期間 1/27(5:00)〜1/31(17:00)

 

カブドットコム証券

取り扱い不明

 

マネックス証券[ ネット証券Blog ] 
マネックス証券は、米国株式の入庫をした顧客の内、抽選で100名に現金1000円をプレゼントするキャンペーンを実施しています。キャンペーン期間は1月20日(月)〜3月31日(月)までです。

米国株式移管キャンペーンとなっていますが、株式だけでなく米国ETFも対象になります。なお、マネックス証券は米国株の特定口座を扱っているという他社にない強みを持っていますが、株式の移管は一般口座のみの取り扱いとなっているのでご注意下さい。

詳細は下記のお知らせを参照。


2013年12月より特定口座対応もはじまり、ますます魅力的になったマネックス証券の米国株取引サービス。
マネックス証券への米国株式の入庫も増加しています。今回、3月末までに1,000米ドル以上の評価額(※)の米国株の入庫を行っていただいたお客様の中から抽選で100名様に1,000円をプレゼントいたします。
※2014年3月31日(月)の終値(立会時間)を基準に計算
マネックス証券で米国株取引をはじめるなら今がチャンスです!

キャンペーン期間 2014年1月20日(月)〜3月31日(月)
キャンペーン内容
キャンペーン期間中に他社からマネックス証券に米国株・米国ETFを累計1,000米ドル以上入庫していただいたお客様の中から抽選で100名様に現金1,000円をプレゼントします。プレゼントはお客様の証券総合取引口座に入金されます。抽選・入金は4月中旬を予定しています。
キャンペーン期間中に移管手続書類を当社で受領した分が、対象となります。
期間内に当社で受領した分は、抽選時(4月中旬)に移管が完了していれば、抽選の対象となります。
累計入庫金額は、2014年3月31日(月)の終値(立会時間)を基準に計算します。移管手続き後の株価推移などにより対象条件を満たさなくなることがありますのでご注意ください。
ご注意
抽選の権利は、期間中に移管された回数や株式・ETFの評価額に関わらず、お一人さまにつき1回となります。
キャンペーン期間中に当社が移管手続き書類を受領し、抽選実施時に移管手続きが完了しているものが、当キャンペーンの対象となります。
移管手続きは書面での手続きのため、お客様が書類発送をしてから手続きが完了するまでに日数がかかります。お早めにお手続きください。
移管にあたっては、当社に証券総合取引口座を開設済みで、外国株取引口座を開設いただいていることが必要です。
米国株の移管が可能なケースは、DTCC(The Depository Trust & Clearing Corporation)を利用している日本国内の証券会社に限ります。詳細は、移管元の金融機関にご確認ください。
ご応募は日本国内にお住まいの方に限らせていただきます。
抽選時に証券総合取引口座を解約されている場合は対象外となります。
その他の米国株取引キャンペーンの対象になった場合、本キャンペーンの対象とならない場合があります。
各キャンペーンの内容は、予告なく変更又は中止となる場合がございますので予めご了承ください。
他の金融機関からマネックス証券へ移管する際に手数料がかかる場合がありますので移管元の金融機関にご確認ください。
米国株式・ETFの移管は、一般口座のみの取扱いとなります。

SBIジャパンネクスト証券[ ネット証券Blog ] 
日経新聞によると、SBIジャパンネクスト証券は、最短で4月にも日経平均先物とミニ日経平均先物の取り扱いを始めるそうです。



日本経済新聞 私設取引所で日経平均先物 SBIジャパンネクスト
 株式私設取引システム(PTS)で国内最大手のSBIジャパンネクスト証券は最短で4月にも日経平均先物とミニ日経平均先物の取り扱いを始める。株価指数先物を国内PTS会社が扱うのは初めて。日経平均先物を上場する大阪証券取引所やシンガポール取引所より価格の刻み幅を細かくし、投資家の利便性を高める。

 PTSは投資家が証券取引所を介さずに株式を売買できるシステムで、株高などを追い風に取引量が増加。ただ現在取引できる商品は現物株のみで、取り扱いを先物に広げて収益源を多様化する。大証の日中取引と同じ午前9時から午後3時15分に日経平均先物の市場を開く。1回の約定ごとに価格が動く最小幅は1円に設定する。


SBIジャパンネクスト証券は、日本株式のPTS業務を運営し、SBI証券と10社以上の機関投資家が参加しています。PTSは夜間も取引ができることが最大のメリットで、東証の売買代金に比べると微々たるものですが、徐々に取引量を増加させていますので、国内のPTSの中ではSBI証券の高シェアのお陰もあって一定の成功を収めていると言っていいでしょう。

では、日経平均先物のPTSも同様に成功するのでしょうか。まず、SBI証券の日経平均先物とミニ日経平均先物の個人売買枚数シェアを見てみましょう。(SBI証券の2014年第2四半期決算説明資料より)

SBI証券日経平均先物シェア

一番最近の2014年第2四半期で見ると、日経平均先物が27.9%、ミニ日経平均先物が24.8%となっていますので、日本株の売買代金シェアと比べると10%ぐらい低い数値となっていますが、個人の約4分の1を囲い込んでいることがわかります。あくまで個人の中でのシェアですが、無視はできない規模です。これに機関投資家が参加すれば必要な最低限の流動性は確保できそうです。

ニュースによると、PTSでは「大証の日中取引と同じ午前9時から午後3時15分」を取引時間にするそうです。おそらく当面は同じ時間にして、様子を見て夜間取引も始めるのでしょう。

取引時間が取引所と同じである間は、価格の刻み幅を細かいという点が唯一のメリットとなりそうです。おそらく機関投資家からの需要が高いのでしょう。PTSのシステムを設置するデータセンター内に機関投資家の取引システムを設置・接続させ高速売買をさせるサービスを提供して流動性を確保したいのかもしれません。現在の日本株のPTSではそこまでの必要性はありませんが、取引が集中する日経平均先物であれば考えられることです。

ちょうど4月からは日本取引所グループ(JPX)内で、TOPIX先物を扱う東証と、日経平均先物を扱う大証の先物取引システムを、大証側に集約することになっています。これまで両方を取り扱ってきた証券会社は、それぞれに接続するシステムを持っていましたが、東証に接続する分は不要になりますので、SBI証券とSBIジャパンネクスト証券内部では、そいういう調整ができてきるのかもしれません。(余ったシステムをPTS用に再利用できるかは不透明ですが)

小口の個人投資家には、PTSの方が手数料がちょっと安いというメリットしかないかもしれませんが、大口には手数料の節約効果が大きいでしょうし、24時間取引をやってくれればFXのように人気になる可能性はあるでしょう。

SMBC日興証券[ ネット証券Blog ] 
SMBC日興証券は、1月17日にIPO(新規公開株)などの募集株式の投資家への配分方針を改定し、日興イージートレードの顧客のIPO抽選枠に配分する数量の目処を一般投資家分全体の20%から10%に半減することを発表しました。



SMBC日興証券のお知らせ
「募集等に係る株式等のお客様への配分に係る基本方針」一部改定のお知らせ
募集等に係る株式等のお客様への配分に係る基本方針(新旧対照表)※PDF
募集等に係る株式等のお客様への配分に係る基本方針(2014年1月)※PDF



下表のとおり、日興イージートレードの顧客への配分の目処は、従来は(法人を除く)一般投資家分全体の20%だったのが、10%に半減となりました。

なお、この配分方針は、あくまで目処なので、従来も方針どおりに20%が割り当てられていたかはわかりませんし、今後も10%どころか、ネット投資家よりも対面投資家の需要が大きければ、それ以下の割合になることも考えられます。

SMBC日興証券のオンライン口座(イージートレード)では、昨年までよりも当選しにくくなるのは、残念ながら間違いないでしょう。

「募集等に係る株式等のお客様への配分に係る基本方針」新旧対照表 ※抜粋
改定前(旧) 改定後(新)

3.

 

(中略)

 

(3)日興イージートレードで取扱う募集株式等につきましては、

 

(中略)

 

【新規上場に係る募集株式の場合】
お取引コースが総合コースおよびダイレクトコースのお客様を対象として、同一条件・同一確率の一部抽選(同率抽選)を行い、同率抽選に付す数量は、当社で一般投資家のお客様へ配分する数量の20%を目処といたします。また、可能な限り多数のお客様へ配分が行われるよう一部抽選による当選数量の上限は、一投資単位とします。

 

(後略)

 

3.

 

(中略)

 

(3)日興イージートレードで取扱う募集株式等につきましては、

 

(中略)

 

【新規上場に係る募集株式の場合】
お取引コースが総合コースおよびダイレクトコースのお客様を対象として、同一条件・同一確率の一部抽選(同率抽選)を行い、同率抽選に付す数量は、当社で一般投資家のお客様へ配分する数量の10%を目処といたします。また、可能な限り多数のお客様へ配分が行われるよう一部抽選による当選数量の上限は、一投資単位とします。

 

(後略)

 

日本取引所グループ斉藤惇CEO[ ネット証券Blog ] 
日本取引所グループ斉藤惇CEOは、複数メディアとのインタビューで、日本株の夜間取引市場の開設の是非について「私は前向きだ。中立的にというより、むしろ前向きに検討したい」と発言。また、「(検討に)1年かける必要はない」と語り、数カ月以内に結論を出す考えを示したそうです。




日本経済新聞
日本取引所CEO、夜間取引「数カ月で結論」 研究会近く設置
ブルームバーグニュース
日本取引所CEO:夜間取引実現に意欲、指数商品相互上場も
ロイター
夜間取引は研究会で議論、仮に開設でも数年先=JPX斉藤CEO
産経ニュース
日本取引所、夜間取引導入に意欲 


斉藤惇CEOは夜間取引に前向き
「中立的にというより、むしろ前向きに検討したい」(ブルームバーグ・ニュース)
「私は前向きだ」(産経ニュース)
「午後3時の取引終了後に企業が情報を出すが、それを踏まえて取引する場が日本にはない。先に米国のADR(株と同じように売買できる預託証券)などで値が動いてしまう」(産経ニュース)
大手証券などからは「世界の主要市場で夜間取引は行われていない」との主張もあるが、「日本は(欧米の主要市場の取引時間が夜間にあたる)極東に位置する。独特の問題があり、参考にならない」と主張(産経ニュース)



このように、東証(日本取引所グループ)のトップが夜間取引に前向きな姿勢を強く明らかにしたのは、初めてのことです。夜間取引が導入される可能性はかなり高まったと考えていいと思います。



東証が夜間取引に前向きになった背景
・上場企業となり、事実上国内独占企業であるものの国際競争にはさらされている
・次期システム(新アローヘッド)の収益を増やしたい
・24時間取引可能で世界で有数の取引量を誇るFXの台頭
・SBIジャパンネクストPTSの取引が徐々に増えていること
・ETF、REIT、ETNなど市場で売買できる商品の増加
・景気回復により取引所・証券会社にシステム投資の余力ができた
・小さな証券会社が廃業し、会社数が少なくなった



近日中に研究会を開いて慎重に検討していくとなっていますが、過去にも夜間取引の議論はされているので、課題はほぼ出尽くしていると思われます。


2010年7月26日 取引時間の拡大に関するディスカッション・ペーパー
2010年11月24日 「取引時間の拡大に関するディスカッション・ペーパー」に寄せられた意見の概要― 要約 −
2010年11月24日 「取引時間の拡大に関するディスカッション・ペーパー」に寄せられた意見の概要


夜間取引の主な課題
  • 海外で例がない
  • 実務的問題(投信の基準価格のタイミング)
  • コスト、費用対効果
  • 流動性、価格形成、価格発見機能



おそらく、上3つの課題はクリア(というか一部は無視)となると思われます。
議論の余地があるのは流動性でしょう。既にPTSで取引されていて流動性が無くても問題にはなっていないということで進めてしまうのかもしれません。

今後は研究会の参加者の構成、議論の内容に注目していきたいと思います。

岡三オンライン証券[ ネット証券Blog ] 
岡三オンライン証券が毎営業日公表している「NISA口座での当社株式注文ランキング」の過去営業日分です。最新の営業日のランキングは岡三オンライン証券のホームページを参照して下さい。


【岡三オンライン証券 NISA口座での株式注文ランキングの履歴】の続きを読む

楽天証券[ ネット証券Blog ] 
群馬県警によると桐生警察署管内の住民に対して楽天証券等を名乗る者から、「これから上がる株がある。」「その権利をあなたが持っているので譲ってほしい。」等と、存在しない株の権利を譲るよう要求する振り込め詐欺の前兆電話がかかってくる事案が1月17日に発生したそうです。群馬県警では同じような電話がかかってくるおそれがあるとして、注意を呼びかけています。


ぐんま安全安心情報
楽天証券を名乗る者からの振り込め詐欺
【群馬県で楽天証券を名乗る者からの振り込め詐欺の前兆電話がかかってくる事案が発生】の続きを読む

このページのトップヘ