マネックス・ビーンズ証券マネックス・ビーンズ証券は、夜間取引用私設取引システム(PTS)「マネックス・ナイター」に特別売買を導入し、条件にあてはまる特定銘柄について上下7%の範囲内で特別の価格を設定し売買を可能にするそうだ。また、ゴールドマン・サックス証券がこの特別売買の活性化に協力する。


「マネックスナイター」による「特別売買」開始のお知らせ(PDF)

・・・金融庁の許可を得て、以下のいずれかの場合、特定の銘柄について終値等の上下7%の範囲内でマネックス・ビーンズ証券が決定する価格を当日の「マネックスナイター」における取引価格とすることが可能になりました。

 崙段滅簀磧廚両豺

 特定の銘柄について、マネックス・ビーンズ証券が定める条件を満たしたお客様から特別価格による売買のご要望があった場合

△修梁召両豺

 取引所市場においてストップ高またはストップ安となった銘柄について、「マネックスナイター」においても需要が偏り、約定が成立する可能性が低いとマネックス・ビーンズ証券が判断した場合

 今回の認可を受け、まずは適格機関投資家から特別売買の要望があった場合に、取引所における終値等の上下7%の範囲内でマネックス・ビーンズ証券が決定する価格で特別売買を実施する予定です。当初は、ゴールドマン・サックス証券会社がこの特別売買の実施に協力し、「マネックスナイター」における特別売買の活性化に貢献していただける予定となっています。

・・・


ということで、金融庁の許可を得たことでマネックスナイターでは、ゴールドマン・サックスが要望した場合か、ストップ高やストップ安で終値では取り引きが成立しなそうな場合は、その銘柄を終値の上下7%以内の価格で取引できるようになるようだ。終値ではないがあくまでも一本値でいわゆるオークション方式のPTSではないようだ。要望を出せるお客様というのもゴールドマン・サックスのみで、今のところ個人投資家に取引価格決定権はないようになっている。

マネックス・GS版「夜市」?

もしかしたら、ゴールドマン・サックス=お客様ということは、ゴールドマンサックスがマネックス・ナイターの売買に参加するということで、松井証券の「夜市」みたいに、終値より少し安い価格で転換株とかを売りに出してくるようなスキームなのかもしれない。

ともかく、今回のマネックス・ナイターの特別売買導入で夜間取引が活発になるかどうか要注目といったところか。

【関連記事】
松井証券 5/9からUBS証券との提携による夜間現物買取引「夜市(よいち)」を開始::[ネット証券Blog]
堀江社長「マネックスさんと提携するまでもなく」 ライブドア証券 6月にもオークション方式で夜間取引を開始::[ネット証券Blog]