エイチ・エス証券は、1月22日から商品先物取引の取扱商品を6品目追加すると発表した。
商品先物取引 取扱商品の追加について (2007.1.15) エイチ・エス証券株式会社では、平成18年10月23日より、オンライン商品先物取引「ブルースカイ・CX」を開始し、取扱商品として東京工業品取引所上場の金、白金、ガソリン、灯油、原油、ゴムを提供いたしております。 この度お客様のご要望にお応えし、平成19年1月22日(月)より新たに6品目の取扱商品を追加致します。東京穀物商品取引所で売買される農産物の中でも流動性の高いトウモロコシ、一般大豆、NON-GMO大豆、アラビカコーヒー、中部商品取引所において、倍率、証拠金が低く設定されて、小口のお取引が可能で流動性も高いガソリン、灯油を追加いたしました。これにより商品先物取引取扱商品は全12品目となります。 尚、今回の取扱商品の追加にともない、ブルースカイ・CX口座を開設された方への書籍『大投資家ジム・ロジャーズが語る 商品の時代』プレゼントを平成19年3月30日まで延長するとともに、新たにWチャンスプレゼントを設定いたします。平成19年1月22日(月)から平成19年3月30日に、今回取扱を追加する商品をお取引し、決済された方に抽選でお取引商品にちなんだプレゼントを進呈いたします。 エイチ・エス証券では今後もお客様のニーズに応えるべく、サービスの拡充に努めてまいります。
エイチ・エス証券は、傘下のオリエント貿易を取り次ぎ先として、東京工業品取引所上場の金、白金、ガソリン、灯油、原油、ゴムの商品先物取引を提供しているが、今回新たに、以下の2取引所の6品目が追加されることになった。 【東京穀物商品取引所】トウモロコシ、一般大豆、NON-GMO大豆、アラビカコーヒー 【中部商品取引所】ガソリン・灯油 これで、エイチ・エス証券が、オリエント貿易の商品の中で取り扱ってないのは、パラジウム、アルミニウム、軽油、ゴム、小豆、粗糖、ロブスタコーヒーになるようだ。