去年の株主総会では、「システムの安定性を優先させたために逆指値導入を見送っていたが、準備中」であることを明らかにしていた松井証券が、ようやく2月中旬をめどに逆指値を導入すると発表した。
逆指値の導入について(PDF) 〜現物・信用・先物・オプション取引に対応〜 松井証券は、平成19年2月中旬を目処に逆指値サービスを開始することを決定しましたので、お知らせいたします。 当サービスについては、以前よりお客様から要望を頂いていましたが、オンライン取引が急激に増加する中で、売買システムの安定を優先させてまいりました。この度、継続的に行ってきたシステム増強により、そのキャパシティは、当サービス開始時点で2006年1月末比4倍以上となります。これを受け、導入に十分な安定性を確保したと判断いたしました。 【導入機能】 導入する機能は下記の通りです。なお、携帯電話からの取引においても利用可能です。 ゝ媚愧 機能:「株価が上昇し、指定した価格以上になったら買注文を発注」、「株価が下落し、指定した値段以下になったら売注文を発注」する注文形態 効果:損失の拡大を防ぐ トレンドを確認した上で発注することで、利益の機会を逃さない 等 追跡指値 機能:「既に発注済の通常注文の指値を、株価が指定した価格まで上昇(下落)したら訂正」する注文形態 効果:一定の利益を確保した上で、利益の拡大を図る 等 ※ 逆指値・追跡指値ともに、指値/成行の選択が可能です。 ※ 開始当初においては、ネットストック・ハイスピード、およびハイスピードαには対応しません。 【対象商品】 国内株式の現物・信用取引 日経225先物・オプション取引 なお、当サービス開始を記念し、キャンペーン実施を予定しております。詳細については、決定次第、当社WEBサイト上にてお知らせいたします。 松井証券は、今後も個人投資家の利益に資するサービスの拡充に努めてまいります。 以上
一時は「全部松井が最初に始めた」でおなじみだった松井証券も、逆指値導入では他社から大きく遅れをとってしまった。プレスリリースの冒頭では、「システム安定を優先した」という言い訳が書かれている。今回はさすがに業界初といううたい文句はない。 それはともかくとして、ようやく松井証券でも逆指値が導入され、SBIイー・トレード証券でもまもなく開始が予定されていることから、大手ネット証券では逆指値が当たり前にある時代がついにやってくることになる。 松井証券の発表によると、今回の逆指値には、通常の逆指値に加えて、追跡指値という発注機能があるようだ。追跡指値は、プレスリリースの説明だとわかりにくいかもしれないが、例えば現在取引されている株価より少し安い株価で待ち伏せするように指値買い注文をしておいたけれども、安売りバーゲンセールが来ないうちに株価が上昇してしまった場合、訂正注文で指値をあげる人がいると思う。この訂正注文の手間を代行してくれるのが追跡指値注文のようだ。 プレスリリースの説明では売りの追跡指値について書いてあり、要は「とりあえず少し高めの値段で売り注文をしておくけど、株価がある程度下がってしまったら、よくばらずに指値の値段を下げる」的な注文ができると考えてよさそうだ。 プレスリリースの説明だけで判断できないが、他社のW指値(ツイン指値)と同じ機能なのかもしれない。 とりあえず、逆指値を使いたかったけど、どうしても松井証券でないと取引したくないと我慢してきた人はあと少しの辛抱。なお、ネットストックハイスピードとハイスピードαには当面対応しない。これは残念だが、今後の早期対応に期待しよう。