ネット証券Blog

大阪の個人投資家kabuthree(カブスリー)の個人ブログです。ネット証券 / FX / 証券業界 などについて書いています。

 

カテゴリ: IPO(新規公開株)・主幹事

SBIジャパンネクスト証券[ ネット証券Blog ] 
2014年のIPO(新規公開株式)の証券会社での取り扱い実績をまとめました。これを参考に事前に資金移動をしておいたり、口座を開設していない場合は開設しておくとよいでしょう。


2013年 IPO(新規公開株)取扱実績まとめ
IPO銘柄 証券会社 申込期間 割当て

2014/02/13(木)


4589

アキュセラ・インク

 

東証マザーズ
(外国株)医薬品

三菱UFJMS証券 (主幹事)

需要調査期間 1/27〜1/31(11:00)

 

SBI証券 (副幹事)

ブックビル期間 1/27(9:00)〜1/31(18:00)

 
大和証券

抽選申込期間 1/27〜1/31(11:00)

 
みずほ証券

抽選参加期間 1/27(8:00)〜1/31(10:00)

 
SMBC日興証券

イージートレード需要申告期間 1/27(5:00)〜1/31(17:00)

 

カブドットコム証券

取り扱い不明

 

SMBC日興証券[ ネット証券Blog ] 
SMBC日興証券は、1月17日にIPO(新規公開株)などの募集株式の投資家への配分方針を改定し、日興イージートレードの顧客のIPO抽選枠に配分する数量の目処を一般投資家分全体の20%から10%に半減することを発表しました。



SMBC日興証券のお知らせ
「募集等に係る株式等のお客様への配分に係る基本方針」一部改定のお知らせ
募集等に係る株式等のお客様への配分に係る基本方針(新旧対照表)※PDF
募集等に係る株式等のお客様への配分に係る基本方針(2014年1月)※PDF



下表のとおり、日興イージートレードの顧客への配分の目処は、従来は(法人を除く)一般投資家分全体の20%だったのが、10%に半減となりました。

なお、この配分方針は、あくまで目処なので、従来も方針どおりに20%が割り当てられていたかはわかりませんし、今後も10%どころか、ネット投資家よりも対面投資家の需要が大きければ、それ以下の割合になることも考えられます。

SMBC日興証券のオンライン口座(イージートレード)では、昨年までよりも当選しにくくなるのは、残念ながら間違いないでしょう。

「募集等に係る株式等のお客様への配分に係る基本方針」新旧対照表 ※抜粋
改定前(旧) 改定後(新)

3.

 

(中略)

 

(3)日興イージートレードで取扱う募集株式等につきましては、

 

(中略)

 

【新規上場に係る募集株式の場合】
お取引コースが総合コースおよびダイレクトコースのお客様を対象として、同一条件・同一確率の一部抽選(同率抽選)を行い、同率抽選に付す数量は、当社で一般投資家のお客様へ配分する数量の20%を目処といたします。また、可能な限り多数のお客様へ配分が行われるよう一部抽選による当選数量の上限は、一投資単位とします。

 

(後略)

 

3.

 

(中略)

 

(3)日興イージートレードで取扱う募集株式等につきましては、

 

(中略)

 

【新規上場に係る募集株式の場合】
お取引コースが総合コースおよびダイレクトコースのお客様を対象として、同一条件・同一確率の一部抽選(同率抽選)を行い、同率抽選に付す数量は、当社で一般投資家のお客様へ配分する数量の10%を目処といたします。また、可能な限り多数のお客様へ配分が行われるよう一部抽選による当選数量の上限は、一投資単位とします。

 

(後略)

 

SBI証券SBI証券が主幹事のIPO・JASDAQ新規上場株「システム情報」の抽選結果が発表され、当選・補欠・落選のツイートが多数つぶやかれました。 【【IPO】SBI証券主幹事のシステム情報の抽選結果発表】の続きを読む

三菱UFJ証券は、「募集等に係る株券等のお客さまへの配分に関する基本方針」を改訂すると発表した。個人投資家への配分方法に少し変更がある。1月15日以降の銘柄から適用される。 【三菱UFJ証券、IPOなどの配分に関する基本方針を改定】の続きを読む

カブドットコム証券が、「三菱UFJ証券との株式等の引受業務についての業務委託契約」の範囲を拡大させると発表しました。これによりIPOの取扱量がネット証券トップ級に増えることが期待できそうです。 【カブドットコム証券、三菱UFJ証券との提携でIPOを大幅拡充】の続きを読む

松井証券松井証券は、IPOの抽選で外れた人に、50円または20円を贈呈する「IPO落選お詫び料サービス」を2006年4月3日(月)抽選分からやめることを発表しました。お詫び料をやめる代わりに、株取引の手数料値下げやIPO引受手数料無料案件の獲得に力を入れていくようです。 【松井証券 IPO落選お詫び料サービスを3月31日で終了。代わりに、手数料値下げ・IPO引受手数料無料案件獲得】の続きを読む

ライブドア証券名証セントレックスに上場している、エフェクター細胞研究所は、上場時からの主幹事会社であるライブドア証券との関係を絶ち、新規に資金調達を行う際は別の証券会社に依頼することを明らかにしました。 【ライブドア証券、エフェクター細胞研究所の主幹事会社から外される】の続きを読む

証券会社によっては配分ルールが不明確で、ネットの個人投資家の間では特に不満の多いIPOの配分ルールを公平にするため、証券業協会が配分ルールの自主規制(改正)案を発表した。各社持分の10%以上の株数は抽選で配分先を決定することや、過度の集中配分を禁止する内容となっていて、証券会社に月に1回状況を報告させて、結果をネットで公表することも検討しているようだ。 【日証協がIPO(新規公開株配分)の抽選を義務づける改正案を発表 。配分状況の月次報告公表もありそう。】の続きを読む

マネックス・ビーンズ証券マネックス・ビーンズ・ホールディングスは、先日、OpenIPO準備会社を設立したと発表した。現在日本で行われている新規公開株の配分方法はほぼすべてが「ブックビルディング方式」になっているが、昨年アメリカではGoogleが「ダッチオークション方式」でIPOを行い話題になった。MBHのプレスリリースによると、個人投資家のIPO購入シェアが高い日本で配分のプロセスを透明性を高める方策を検討するとしている。 【マネックス・ビーンズ・ホールディングスが、米WRハンブレクト社とOpenIPO準備会社を設立。】の続きを読む

ジェット証券IPO証券が未上場株や新興上場株に投資する投資信託を発売するそうで、ジェット証券でも購入できるそうだ。同様なものにイー・トレード証券などで販売しているSBI未公開株組入ファンド靴あるが、投資先の企業が上昇すればかなり大きなリターンが期待できそうだ。(前のエントリーのついでにIPO証券ネタ、というか本当はこちらが本題。) 【ジェット証券で、IPO証券のIPO・未上場株ファンドを販売。50万円から。】の続きを読む

このページのトップヘ