ネット証券Blog

大阪の個人投資家kabuthree(カブスリー)の個人ブログです。ネット証券 / FX / 証券業界 などについて書いています。

 

カテゴリ:▼証券会社 > 松井証券

松井証券証券取引等監視委員会は金融庁に対して、松井証券が無期限信用取引で、株式分割などの際に返済期日が設定されるのに、期日を気にする必要がないと誤解させる記述が会社案内にあったとして、行政処分を行うように勧告を行った。期日を気にしないでよいと思い込んだ百数十名が強制決済されたそうだ。松井証券はホームページでこの件について、厳粛かつ真摯に受け止め、今後さらなる内部管理体制の強化に取り組んで行くことを表明している。 【証券取引等監視委員会が金融庁に松井証券への行政処分を勧告。会社案内では「期日を気にせず信用取引ができます」なのに、百数十名が強制決済された件で。】の続きを読む

松井道夫社長松井証券の松井道夫社長が、インターネットラジオ放送「ストックボイス」の番組に出演し、マーケットスピード(楽天証券)と比較にならないぐらいすごいツールを松井証券が開発済みで、それを原則無料で利用できるようにするつもりであることを初めて明らかにした。これまで松井証券ではリアルタイム株価更新ツールは提供してきたが、発注機能はついてなかった。松井社長が明らかにしたツールは、マーケットスピードを超える機能を持つということは、当然発注ができるようになっていると思われる。 【松井道夫社長 「マーケットスピードと比較にならないぐらいのツールを開発しました。しかも原則無料で」 ストックボイスに出演し自社や業界について様々なことを語る。】の続きを読む

松井道夫社長TBS問題で孤立しつつある楽天に、松井証券の松井道夫社長もついにかみついた。松井証券の中間決算発表で松井道夫社長は、システムトラブルが相次いでいる楽天証券について 「この業界を甘くみてほしくない」と激しく非難し、「場合によっては、ネット証券評議会からの除名もありうる問題」と顔を紅潮させて語っていたそうだ。 【松井証券 松井道夫社長が楽天証券を批判 「この業界を甘くみてほしくない」、「ネット証券評議会からの除名も」と顔を紅潮させて語るなど怒りが収まらない様子だったそうだ】の続きを読む

松井証券松井証券が、12日に東濃信用金庫、プルーデント・ジャパンの2社と証券口座開設申込書受付に関する業務提携を行ったことを発表した。信用金庫の方は、これまでどおりの地方の金融機関との提携と同じスキームだが、プルーデント・ジャパンの方はファイナンシャル・プランナーが顧客から口座開設を受け付けるという新たなスキームとなっている。 【松井証券がプルーデント・ジャパンと提携。FPが口座開設を受け付けるスキームを構築】の続きを読む

松井証券松井証券は、信用取引口座開設の時に必要になる収入印紙代の無料キャンペーンを恒久サービスとすると発表した。今後松井証券で信用取引口座を開設する人は、4000円の収入印紙を貼る手間やコストがいらないくなる。 【松井証券 信用取引口座開設時の収入印紙代の無料を恒久化】の続きを読む

松井道夫社長毎度おなじみロイター通信が、今度は松井証券の松井道夫社長にインタビューをしたようで、松井社長は、9月の月間売買代金について、「(過去最高を記録した)去年4月を上回るだろう」とコメントし、一部のオンライン証券でシステムに問題が発生していることに懸念を表明したそうだ。 【松井証券 松井道夫社長「(9月の月間売買代金、)去年4月を上回るだろう」とコメント。一部のオンライン証券でのシステム問題発生に懸念表明。】の続きを読む

松井証券松井証券は、10月末をめどに、オンライン証券初となる「携帯専用口座〜パソコン御無用〜」を開始し、あわせて、携帯電話向け機能を拡充すると発表した。パソコンを持っていない人やパソコン操作が苦手な人でも取引ができるように、パソコン用の画面並みの機能をモバイルサイトにも追加していくようだ。 【松井証券、「携帯専用口座〜パソコン御無用〜」を発表。携帯電話向け機能も拡充し、10月をめどに開始。】の続きを読む

松井証券松井証券は、9月5日から、1日の売買代金が10万円以下の場合手数料が無料になるミニ・ボックスレートの対象外銘柄を撤廃すると発表した。今までライブドアなどいくつかの銘柄が対象外銘柄になっていたが、対象となることで、手数料無料でライブドアの1株株主になることも可能になる。 【松井証券 ミニ・ボックスレート(1日売買代金10万円以下手数料無料)の対象外銘柄を撤廃】の続きを読む

松井証券松井証券は、9月1日(木)から9月30日(金)まで、「ネット中国株手数料無料キャンペーン」を実施し、キャンペーン中の中国株取引で顧客が支払った手数料(約定代金×0.399%、最低手数料52.5香港ドル(ともに税込))分の金額をキャッシュバックするそうだ。 【松井証券が「ネット中国株手数料無料キャンペーン」を実施。キャンペーン中の手数料をキャッシュバック。】の続きを読む

このページのトップヘ