ネット証券Blog

大阪の個人投資家kabuthree(カブスリー)の個人ブログです。ネット証券 / FX / 証券業界 などについて書いています。

 

カテゴリ:▼証券会社 > 松井証券

松井道夫社長松井証券の松井道夫社長は日経Bizのインタビューで、『かつて長嶋茂雄氏は「巨人軍は永遠に不滅です」と言いました。それは強烈な「個」を持つ長嶋氏だからこそ言えたセリフです。実際は「組織」も変わるし、それを構成する「個」も変わる。』と長島時代からの巨人軍の伝統の終焉とかさねて、会社も含めて組織は永遠ではないことを強調した。 【松井道夫社長「巨人軍は永遠に不滅」ではない】の続きを読む

松井証券松井証券の松井道夫社長は長野県波田村(現・波田町)生まれ。また、松井証券は電話による通信取引を始めるまでは、長野(茅野・岡谷)に支店を持っていた。松井証券はその長野県の有力地銀である八十二銀行と銀行窓口での証券口座開設申込書の受付に関して業務提携をすることになったそうだ。 【松井証券が昔支店を置いていた長野県の地銀 八十二銀行と提携】の続きを読む

松井証券松井証券は、3月8日から中国株取引「ネット中国株」を開始すると発表した。先行して7日8:00から、ネットストック口座からのネット中国株口座への資金の振替受付を開始するとのこと。 【松井証券 3月8日(火)から中国株取引(香港市場)を開始】の続きを読む

コールセンタ松井証券が口座数・問い合わせ件数の増加に対応するため50人規模(将来は150人)のサポートセンターを札幌市に設置(トランスコスモスに委託)すると発表したが、札幌市は、自身が自治体初のコールセンタを設置するなど、コールセンタービジネスに力を入れているところのようだ。
【松井証券がサポートセンターを新設する札幌市はコールセンタービジネスに強いらしい】の続きを読む

松井証券松井証券は、3月を目処に、日経225先物取引とオプション取引の売建の取り扱いを開始することを発表した。手数料は、約定代金の10分の1がボックスレート(300万まで3150円)に組み込まれ、株取引のボックスレートと一緒にでき、さらに日計り取引の片道手数料は無料になるそうだ。モバイル(携帯電話)にも対応する。 【松井証券 先物取引、オプション取引売建を3月目処に開始。ボックスレート手数料で、日計り取引の片道手数料は無料な上にモバイル(携帯電話)も対応】の続きを読む

松井証券は、同社のホームページに酷似したサイトが発見されたとして、再び顧客にフィッシング詐欺に注意するよう呼びかけている 【松井証券のホームページに酷似したサイトが発見されたらしいが、どこにあるのかはわからない】の続きを読む

2月14日発売の週刊現代の件で、後半部分が不明だったので、しかたなくだまされたと思って350円で週刊現代を買ってみた。記事によると元久氏はインタビューで株取引はしていたものの、法令違反でもなく社内規定にも違反していなかったと答えていた。また週刊現代は松井道夫社長の自宅まで行って取材までしたが、記事では結局違反行為の事実があったという結論は何も出ていなかったので、松井証券の株価は前日比10円高と全然影響が無かった。 【週刊現代は松井道夫社長の自宅まで取材に行ったようだが、株価は記事に無反応で相手にもされなかったようだ】の続きを読む

週刊現代情報紙「ストレイ・ドッグ」(山岡俊介取材メモ)というジャーナリストのBlogによると、2月14日発売の週刊現代で、松井の元法務課長だった本吉正雄氏が、武富士元久社長が松井証券専務時代に50〜60銘柄を取引して儲けていたと告白したというスクープ記事があるらしい。元久氏は、松井証券では社長の右腕として活躍し、不祥事で傾きかけた武富士社長に転身した期待の若手経営者。本当だとしたら松井証券はじまって以来のスキャンダルになりそうだがはたして本当なのだろうか。記事には疑問点もある。 【2月14日発売の週刊現代で、松井の元法務課長だった本吉正雄氏が、武富士元久社長が松井証券専務時代に50〜60銘柄を取引して儲けていたと告白したという記事があるらしい】の続きを読む

松井証券ついにシステムの安定さで定評のあった松井証券でも実質今年初の障害が起きた。最近流行のトラフィックの増加による障害ではないものの、2/4と2/7の障害はそれぞれ異なり、前者ではかえって儲けた投資家もいたようだ。 【松井証券で失効した注文が有効になる障害(2/4)と取引履歴が表示されない障害(2/7)が発生。前者の障害では儲けた人もいるようだ。】の続きを読む

松井証券最近フジサンケイビジネスアイに松井証券に関する記事が連載されているのだが、その中にUBSの提携でCB(転換社債)を小出しに株式に転換して松井証券で夜間に販売するというような内容が書いてあった。
★トピックス★ 【松井証券がUBS証券との提携で、CBから転換した株を夜間に販売か?】の続きを読む

このページのトップヘ