ネット証券Blog

大阪の個人投資家kabuthree(カブスリー)の個人ブログです。ネット証券 / FX / 証券業界 などについて書いています。

 

カテゴリ:▼証券会社 > カブドットコム証券

7月23日(日)付けで、産経新聞のSankei Webに「カブドットコム証券が逆指値の特許使用料請求を検討」という朝刊記事が掲載されていました。昨年特許権を取得した「W(ダブル)指値」、「±(プラマイ)指値」の特許使用料を請求する検討を進めていることが22日(土)にわかったそうです。(しかし、なぜ土曜日なのか) 【「カブドットコム証券が逆指値の特許使用料請求を検討」と産経新聞が報道】の続きを読む

毎月19日は、kabuマシーンの日。kabuマシーン経由の手数料は半額だ。システム障害がその日でなく、前日でよかったね、と言って済ませるのはやっぱり良くないだろう。18日にカブドットコム証券でシステム障害が発生していたそうです。 【カブドットコム証券、休日メンテのログが溜まって障害(7/18)】の続きを読む

業界で初めてのオークション方式による夜間取引市場の開設を発表したカブドットコム証券ですが、直後にSBIイー・トレード証券と楽天証券が共同でPTSの準備をすることを発表したため、1日天下だったとも言われています。カブドットコム証券が同じネット証券評議会のメンバーである両社とは別に夜間取引市場を作ることにした理由は何なのか。 【カブドットコム証券は、なぜネット証券評議会とは別に、夜間取引市場を作ることにしたのか?】の続きを読む

ネット証券Blogで23日に記事にした、偽サイト(wwwkabu.com)が、24日21時ごろ消滅していたことがわかりました。現在"wwwkabu.com"にアクセスしてもYahoo!(米国)に飛ばされてしまいます。Whoisサービスで検索をしても「Junichiro Koizumi」の文字はなくなっていました。 【偽サイト(wwwkabu.com)が24日21時ごろ消滅。ブログで指摘→一部報道→カブドットコム証券が注意喚起→Koizumi退陣。】の続きを読む

金融投資日記」さんによると、URLがカブドットコム(http://kabu.com/)に似ているのに松井証券のホームページをフレームで表示していた、"http;//wwwkabu.com/"が、現在ではカブドットコム証券のページを表示するようになっていたそうです。 【偽松井証券(wwwkabu.com)が、2006年1月ごろに偽カブドットコム証券に変身】の続きを読む

Exciteブログに「臼田琢美の「かぶろぐ(kabu.log)」」を開設していたカブドットコム証券の臼田琢美さん(常務執行役員)がYahoo!にも新しいブログを開設したそうです。また、Yahoo!アバターに、タイアップアイテムとしてカブドットコム証券アイテムが登場しています。 【カブドットコム証券臼田さんがYahoo!にもブログを開設。カブコムのアバターも登場。】の続きを読む

カブドットコム証券少し古いニュースになってしまいましたが、カブドットコム証券がアプリケーションサーバの情報系データベースとしてメモリRDBMSを採用したそうです。同社プレスリリースによると「今後、リアル時価とお客様の資産をより高度なシステム連携を行い、これまで以上のリスク管理が可能なお取引支援サービスを実現する予定。」とのこと。 【カブドットコム証券 メモリRDBMSの導入で約20倍の高速化。さらなるリスク管理に役立つサービスも検討。】の続きを読む

カブドットコム証券カブドットコム証券がついに、自動売買の「±指値」、「W指値」の特許権を取得した。これを受けて、カブドットコム証券の株はストップ高となっている。同証券では、これを記念して、両注文の現物取引手数料を半額とする「特許取得記念キャンペーン」を、12月27日から30日まで実施する。 【カブドットコム証券が、「±指値」、「W指値」の特許権を取得。「特許取得記念キャンペーン」を実施。】の続きを読む

カブドットコム証券カブドットコム証券は、Meネット証券と合併する1月1日から「kabuマシーン」の利用料金大幅値下げし、バージョンアップも行うと発表した。今までは前月の手数料実績10万円以上の場合はkabuマシーンの利用料が無料になっていたが、1月1日以降は、5万円以上と基準が低くなる。 【そろそろ大人のおもちゃ? カブドットコム証券がkabuマシーンをバージョンアップして、利用料を大幅値下げ】の続きを読む

カブドットコム証券Meネット証券に口座を開設する最大の理由になっていたと言っても過言ではない存在だった、「Me’s戦略ツール」が、最近、カブドットコム証券でも使えるようになった。kabuスコープ、kabuカルテ、スーパーチャートと名前をカブドットコム証券風に改めたが、口座を持っている人はここでも無料で使うことができる。 【Me’s戦略ツールがカブドットコム証券でも使えるようになった】の続きを読む

このページのトップヘ