ネット証券Blog

大阪の個人投資家kabuthree(カブスリー)の個人ブログです。ネット証券 / FX / 証券業界 などについて書いています。

 

カテゴリ:▼証券会社 > 楽天証券

楽天証券国重惇史社長楽天は、15日、取締役常務執行役員金融事業カンパニー社長の国重惇史氏(楽天証券社長)を、代表取締役副社長執行役員に昇格させ、代表取締役を三木谷会長兼社長と国重副社長の二人体制にすることを発表した。楽天のアメリカ進出事業を三木谷氏が陣頭指揮するため、三木谷氏が国内不在時にも、経営の意思決定スピードを維持することが目的だと思われる。 【国重氏が、楽天の代表取締役副社長執行役員に昇格。三木谷氏渡米時の代役か。】の続きを読む

楽天証券楽天証券は、8月から9月にかけての一連のシステム障害に関する、国重社長のお詫び文をホームページに掲載した。国重社長はお詫び文の中で「お客様がご自身の大切な資産でお取引をいただいているにも関わらず、必要なサービスを提供できていない実態についても深く反省をいたしております。」と顧客に謝罪している。 【楽天証券、一連のシステム障害に関する国重社長のお詫びを掲載。必要なサービスを提供できていない実態について深く反省。】の続きを読む

楽天証券楽天証券で13日、再びシステム障害が発生してしまった。今回は東証向けの発注システムの不具合によるもので、復旧に手間取ったこともあり、投資家への被害も大きなものとなった。さらに、楽天証券では13日23時の時点で、「当面の対策を協議中」であると発表していて、14日の安定稼動が確約されていない状況であるため、顧客の不安はなお広がっている。 【史上最大の作戦目前の楽天証券でまた障害。14日も再発の恐れ。徹夜で当面の対応を協議中らしい。】の続きを読む

楽天証券国重惇史社長楽天証券の国重社長がロイターのインタービューに答え、収益を圧迫してもまだ手数料の値下げを実施する余地があるとして、一段の手数料引き下げに前向きな考えを示したそうだ。個人の委託売買代金シェアを25%まで上昇して、イー・トレード並みにしたいとのこと。 【楽天証券 国重社長「まだ手数料の値下げを実施する余地がある。イー・トレード並みのシェア25%にしたい。」】の続きを読む

楽天証券楽天証券で、8月、3度目となる障害がまたまた発生した。楽天証券は「ウェブ・モバイルサービス用の負荷分散器の一部に異常が発生し、レスポンスが悪化した」と説明しているが、ほとんどの顧客が寄付き後から後場途中までログインできない状態に陥ったようだ。なお、マーケットスピードは問題なく使えていたようだ。また、入金反映処理も遅延した。 【楽天証券でまた障害発生。WEB・モバイルでログイン不可に。楽天証券はレスポンス劣化と説明。】の続きを読む

楽天証券楽天証券で11日と同じ基幹系DBサーバでまた障害が発生した。楽天証券では原因はまだ調査中としているが、今回の障害はメガバンクの株価急騰によって逆指値注文が大量発生して、サーバがそれをさばき切れなくなったからかもしれない。 【楽天証券の8/24後場の発注遅延障害の原因は、メガバンク株急騰による逆指値注文の大量発生かも】の続きを読む

楽天証券国重惇史社長日経新聞によると、楽天の決算説明会で、楽天証券の国重社長は、手数料の値下げについて、「どれをとってもイー・トレードより安くする。イー・トレードを凌駕して北尾さんの背中が見えるようになりたい」と語ったそうだ。また、楽天証券の上場については慎重なコメントをしている。 【楽天証券 国重社長「イー・トレードを凌駕して北尾さんの背中が見えるようになりたい」】の続きを読む

楽天証券楽天証券が、昨年12月に「ワンショットコース」という商標を出願していたことが明らかになっていたが、ついに、10月から手数料体系の一つ「ひとつき割引コース」をやめ「ワンショットコース」を開始することを発表した。今回の発表は明らかにイー・トレード証券のスタンダードプランを意識した値段設定になっていて、同社曰く「史上最大の作戦!」と謳っている。 【楽天証券曰く「史上最大の作戦!」 ついに新手数料体系「ワンショットコース」を発表】の続きを読む

楽天証券楽天証券は、今年1月の大規模な障害で基幹系DBサーバの能力を1.7倍にしたが、また基幹系DBサーバで障害が発生してしまった。今回は「高負荷時にある特殊なタイミングで発生する競合状況が起き、所定のメモリ領域を消費するという不具合」ということだが、復旧に時間がかかり広範囲なサービスに影響が出たようだ。 【楽天証券、1月に処理能力を1.7倍にした基幹系DBサーバで障害発生(8/11)】の続きを読む

楽天証券最近、楽天市場でのカード情報の流出が社会問題になっているが、楽天証券は「楽天市場のシステムとは独立した別個のシステムとなっており・・・親会社を含む第三者に提供することはございません」というコメントをホームページで発表している。 【楽天証券が、個人情報流出は心配ないとコメントを発表】の続きを読む

このページのトップヘ