ネット証券Blog

大阪の個人投資家kabuthree(カブスリー)の個人ブログです。ネット証券 / FX / 証券業界 などについて書いています。

 

カテゴリ: セキュリティ

SBI証券[ ネット証券Blog ] 
SBI証券が、2015/9/12(土)以降、WEBサイトのSSL証明書を「SHA-1」方式から「SHA-2」方式へ変更することを発表しています。


SBI証券WEBサイトのSSL証明書の方式変更により、投資家側がIE6.0SP2以前、WinXPSP2以前を使用している場合は、「SHA-2」方式に対応していないので、それぞれバージョンアップ対応が必要となります。「SHA-2」方式に対応できているかどうかの確認は、シマンテック社のテストサイトで確認することができます。

詳細は、SBI証券のお知らせをご覧ください。

SBI証券
当社WEBサイトSSL証明書の「SHA-2」方式への変更について

シマンテック社
「SHA-2」方式に対応しているかの確認テストサイト

当社WEBサイトSSL証明書の「SHA-2」方式への変更について

2015/9/4

当社WEBサイトをお客さまにより安心してご利用いただくため、2015/9/12(土)以降、SSL証明書を現在の「SHA-1」方式から「SHA-2」方式へと順次変更してまいります。
証明書の変更後は、「SHA-2」方式に対応していない環境からは、当社WEBサイトがご利用いただけなくなります。
当社推奨環境をご利用の場合は、「SHA-2」方式への変更後も従来通りご利用いただけます。
お客さまがご利用いただいているご利用環境が、当社推奨環境に該当していない場合は、ブラウザのバージョンアップ等によりご対応いただきますよう、お願い申し上げます。

当社WEBサイトの推奨環境

SSL証明書の「SHA-2」方式について

「SHA-2」方式とは、インターネットを安全に利用するために使用される暗号化方式のひとつです。従来の「SHA-1」方式に比べてより高度な暗号化方式となることで安全性が向上します。

「SHA-2」方式に対応していない主な利用環境

ブラウザ: Internet Explorer 6.0 SP2 以前の環境
OS: Windows XP SP2 以前の環境

「SHA-2」方式に対応していない環境から、「SHA-2」方式の証明書が適用されているページを表示しようとすると「SSL エラー」となり『Internet Explorer では、ページを表示できません』などのメッセージが表示されます。
※表示内容は、ご利用の環境によって異なります。

ご利用環境が「SHA-2」方式に対応しているかの確認方法

シマンテック社が提供している下記のテストサイトにて、お客さまのご利用環境が「SHA-2」方式に対応しているかを確認することができます。
新しいウィンドウで開きます。

ご利用環境が「SHA-2」方式に対応しているかの確認(シマンテック社のWEBサイトへ)

ネット証券Blogで23日に記事にした、偽サイト(wwwkabu.com)が、24日21時ごろ消滅していたことがわかりました。現在"wwwkabu.com"にアクセスしてもYahoo!(米国)に飛ばされてしまいます。Whoisサービスで検索をしても「Junichiro Koizumi」の文字はなくなっていました。 【偽サイト(wwwkabu.com)が24日21時ごろ消滅。ブログで指摘→一部報道→カブドットコム証券が注意喚起→Koizumi退陣。】の続きを読む

金融投資日記」さんによると、URLがカブドットコム(http://kabu.com/)に似ているのに松井証券のホームページをフレームで表示していた、"http;//wwwkabu.com/"が、現在ではカブドットコム証券のページを表示するようになっていたそうです。 【偽松井証券(wwwkabu.com)が、2006年1月ごろに偽カブドットコム証券に変身】の続きを読む

livedoorもえろーんライブドアクレジット(ライブドアが買収した旧 ロイヤル信販)のオンライン個人向けローン商品「もえろーん」のホームページに、他人のライブドアIDでアクセスできてしまうセキュリティホールがあることがわかった。 【ライブドアクレジット(旧 ロイヤル信販)の「もえろーん」に、他人のIDでアクセスしてしまうセキュリティホール。→緊急メンテナンスへ】の続きを読む

楽天証券最近、楽天市場でのカード情報の流出が社会問題になっているが、楽天証券は「楽天市場のシステムとは独立した別個のシステムとなっており・・・親会社を含む第三者に提供することはございません」というコメントをホームページで発表している。 【楽天証券が、個人情報流出は心配ないとコメントを発表】の続きを読む

松井証券は、同社のホームページに酷似したサイトが発見されたとして、再び顧客にフィッシング詐欺に注意するよう呼びかけている 【松井証券のホームページに酷似したサイトが発見されたらしいが、どこにあるのかはわからない】の続きを読む

Meネット証券が、8月上旬ごろに、セキュリティ強化を目的に、全顧客の米国株ログインパスワードを強制的に変更していたようです。

Google上場が近づき、アメリカの金融当局の監視が強化されているのかもしれません。 【Meネット証券、セキュリティ強化のため米株ログインパスワードを強制変更】の続きを読む

このページのトップヘ