ネット証券Blog

大阪の個人投資家kabuthree(カブスリー)の個人ブログです。ネット証券 / FX / 証券業界 などについて書いています。

 

カテゴリ: 外国株式

米国株取引ツール「トレードステーション」[ ネット証券Blog ] 
マネックス証券は、1月27日(月)から米国株取引ツール「トレードステーション」の提供を開始すると発表しました。「トレードステーション」は、マネックスグループが2011年6月に買収したTradeStation社が開発・提供している、トレーディングプラットフォーム「TradeStation」を日本向けに開発したオリジナル版です。既に昨年秋から先行モニターを募集して一部の顧客は利用していましたが、1月27日に最新バージョンがリリースされ、マネックス証券の外国株取引口座を開設している顧客は全員無料で利用できるようになるそうです。


「TradeStation」は、アメリカの投資家向け金融情報誌「Technical Analysis of Stocks & Commodities」の2013年「Readers’ Choice Awards」において、「株式トレーディングシステム」部門の1位を獲得するなど、米国ナンバーワンの評価を獲得しています。また、アメリカのシステムトレードのデファクトスタンダードとして投資家に広く認知されているプログラミング言語「Easy Language」を用いたプログラムトレード機能も搭載しているそうです。

外国株の取引ツールが日本国内の証券会社で提供されるのは事実上初めてのことですので、アクティブな取引をする投資家にとっては、米国株取引ができる他社(楽天証券やSBI証券)よりもマネックス証券を選ぶ大きな理由になりそうです。頻繁に取引をしない投資家にとっては従来のウェブ画面を使った取引でも十分かもしれませんが、「TradeStation」ではチャート分析やランキング機能など、多彩な投資情報を収集・分析するツールとしても役に立ちますので、積極的に活用すべきでしょう。

トレードステーションの詳細は、マネックス証券のお知らせを参照して下さい。
【マネックス証券 米国株取引ツール「トレードステーション」を1月27日(月)に正式リリース】の続きを読む

2月2日、ベトナムのホーチミン市にあるホーチミン証券取引所で、システム障害が発生し、全取引が停止になった。しかし、取引時間終了後に復旧したため、13:30〜14:30の1時間だけ代替取引を実施している。 【ベトナム、ホーチミン証券取引所でシステム障害。午後に代替取引。】の続きを読む

ユナイテッドワールド証券は、香港上場のインド株ETF(株価指数連動型上場投資信託)「iシェアーズBSE SENSEX インディア・トラッカー」の取扱いを1/17から開始すると発表した。 【ユナイテッドワールド証券、香港上場のインド株ETFの取扱いを開始】の続きを読む

ライブドア証券が、中国株取引サービスを12月末で取引を終了し、3月末をもってサービスを終了すると発表しました。 【ライブドア証券、中国株取引サービスを12月で終了。総合口座数は減少に転じる。】の続きを読む

松井証券松井証券は、11月1日から30日までの間、「ネット中国株手数料無料W(ダブル)キャンペーン」を実施する。ネットストック口座からネット中国株口座への資金振替移動時の為替手数料が無料になるのと、中国株取引で顧客が支払った手数料分の金額を期間終了後に顧客のネット中国株口座に入金することで、中国株取引の手数料も実質無料するそうだ。 【松井証券 「ネット中国株手数料無料W(ダブル)キャンペーン」を実施。入金時の為替手数料無料と取引手数料キャッシュバック。】の続きを読む

松井証券松井証券は、9月1日(木)から9月30日(金)まで、「ネット中国株手数料無料キャンペーン」を実施し、キャンペーン中の中国株取引で顧客が支払った手数料(約定代金×0.399%、最低手数料52.5香港ドル(ともに税込))分の金額をキャッシュバックするそうだ。 【松井証券が「ネット中国株手数料無料キャンペーン」を実施。キャンペーン中の手数料をキャッシュバック。】の続きを読む

がっちりマンデー!!7月31日のがっちりマンデー!!は「インド特集 後編」だったので、サーチエンジンからの「インド」というキーワードでの検索結果からアクセスがネット証券Blogに殺到した。特に楽天証券でインド株のADRが買えるとか、インドファンドがおすすめというトークの内容を見て、ネットで調べようとした人が多かったようだ。 【がっちりマンデー!!の「インド特集」効果で、日曜日のアクセス数が、がっちり増えた】の続きを読む

イートレード証券中国株イー・トレード証券は28日から中国株取引を開始する。対象銘柄は香港株式取引所の約130銘柄。(28日は香港取引所が球状なので実質的には29日から開始)また、サービス開始を記念して、「アジアキャンペーン」を実施している。 【イー・トレード証券 中国株取引スタート 「アジアキャンペーン」も実施】の続きを読む

このページのトップヘ