ネット証券Blog

大阪の個人投資家kabuthree(カブスリー)の個人ブログです。ネット証券 / FX / 証券業界 などについて書いています。

 

カテゴリ: ▼証券会社

70530e5a.gifライブドアファイナンス1号投資事業有限責任組合が出資している、証券業務システムの設計・開発・コンサルティングを行う株式会社インタートレードが9月16日に東証マザーズ市場に上場します。(銘柄コードは3747

最初の投稿で銘柄コードを1294と間違って書いていました。訂正します。 【「インタートレード」が9月16日にマザーズ上場/ライブドア証券でIPO取扱い】の続きを読む

c2d912eb.gif★トピックス★
Meネット証券が、テクニカル分析ツールMe'sチャートに「現在発生している売買シグナルと同様のシグナルが過去に発生したときに実際に起こった値動きを、株価の将来部分に投影したラインが表示される機能」を8月20日から追加すると発表しました。

なお、Me'sチャートは、Meネット証券に口座を持っていれば無料で使うことができます。

ライブドア証券が、取引操作シュミレーション画面を公開しています。

特にサプライズは無いのですが、メールアドレスの変更画面のところのメールアドレスから、この取引システムは日興システムソリューションズが作っていることが確認できました。もともと、日本グローバル証券が日興系だから当然といえば当然。

「信用取引は 2004年11月中を目処に御提供予定」とのことです。
ここでは、11月〜

あと、8/29までの間は残高の確認サービスはしてくれないそうないそうです。つまり、入金用口座に振り込んでWEBで入金連絡をしても、29日まで預かり残高を増やしてくれない。ご注意を。

カブドットコム証券は、8月9日から郵便局の「WEB連動振替決済サービス」が利用できるようになったと発表しました。ただし郵政公社の振替手数料として180円かかるそうです。あと利用には、郵貯ホームサービスの申し込みが必要になります。

オリックス証券は、8月10日から『重要事実情報』の無料キャンペーンを実施すると発表ました。通常は315円かかるそうです。なお、もともと初回使用時は30日間無料のためそれとあわせれば60日間無料になるそうです。

しかし、このサービスが、東証の適時開示情報(TDNet)と何が違うのだろうか?

カブドットCM「Windows環境こそ真のオープン・システム」、「導入事例の少ない製品を使うのだから、そのくらいのトラブルはつき物」と言ってはばからない、カブドットコム証券で、場中にログインできなくなる障害が発生しました。 【カブドットコム証券でネットワーク障害/緊急メンテナンス実施】の続きを読む

d7487065.JPG今朝からライブドア証券にログインできるようになっていたので、早速使ってみました。
 画面上方のメニューのうち、クリックできるのは、HOMEと入出金とQUICK情報と投資情報。
 入出金画面はサブメニューの文字が文字化けしてます。入金するには事前連絡が必要のようです。今時バーチャル入金口座が常識だと思うのですが・・・まだ出金メニューが使えないので入金しない方がいいです。
 QUICK情報は、クリックしてもリンク先がつながりません。
 投資情報は、ログインしなくてもアクセスできるページにつながっています。
 よって、まだ使い物になりません。手数料無料とIPO以外、期待しない方がいいです。正直言ってしょぼい。

追記・・・QUICKは7:30ごろつながるようになりました。

このページのトップヘ