ネット証券Blog

大阪の個人投資家kabuthree(カブスリー)の個人ブログです。ネット証券 / FX / 証券業界 などについて書いています。

 

カテゴリ: 投資ツール

楽天証券[ ネット証券Blog ] 
楽天証券のマーケットスピードが、9月4日から現物取引のエクスプレス注文に対応するそうです。


エクスプレス注文とは、「買い」、「売り」のボタンを1クリックで押すことで瞬時に注文を出すことが出来る機能で、よくFX取引のアプリで採用されている注文形態ですが、楽天証券のマーケットスピードでは現状、信用取引で使用することができました。今回、この機能が現物取引にも対応することで、現物取引でも高速に取引ができるようになります。なお、投資家側でマーケットスピードのバージョンアップが必要になります。

詳細は、楽天証券のお知らせをご覧ください。

楽天証券
現物取引も、より高速に!マーケットスピードのエクスプレス注文が現物取引に対応します。

現物取引も、より高速に!マーケットスピードのエクスプレス注文が現物取引に対応します。
現物取引も、より高速に!

2015年9月4日により高速なマーケットに対応したマーケットスピードのエクスプレス注文が現物取引に対応します。 ボラティリティが高く値動きの早い銘柄も、エクスプレス注文ならスピーディーに株価をとらえ、発注することができます。

また、「先物OP市況情報」に「JPX日経400先物指数」を追加いたします。

今回の対応に伴い、マーケットスピードのバージョンアップが必要になります。バージョンアップについてはこちらをご参照ください。

これまで信用取引しか利用できなかったエクスプレス注文が現物取引に対応します。 株数や執行条件などを事前に登録することで、最良気配値を見ながら値段をクリックするだけで発注することができます。

これまで信用取引しか利用できなかったエクスプレス注文

マーケットスピードのマイページにチャートや気配値とあわせてエクスプレス注文を登録すれば、マーケットの流れに乗って、瞬時に発注ができチャンスを逃しません。

マーケットスピードのマイページにチャートや気配値

あわせて、1クリックで画面レイアウトを整列できる機能も搭載。
個別に発注条件を登録したり、並び替えたりする手間が省けるようになりました。

あわせて、1クリックで画面レイアウトを整列できる機能も搭載。

「先物OP市況情報」に「JPX日経400先物指数」を追加いたします。
※取引はできません。

「先物OP市況情報」に「JPX日経400先物指数」を追加いたします。

※ 画面は開発中のものです。

楽天証券[ ネット証券Blog ] 
楽天証券は、9月20日に行われる東証アローヘッドのリニューアルに伴い、マーケットスピードおよびiSPEEDのバージョンアップを行うことを発表しました。


東証アローヘッドのリニューアルの内容は以下の3点です。

・板表示の気配値が8本から10本に増加
・呼値の刻みルールが変更
・連続約定気配の表示条件が追加

要は、TOPIX100構成銘柄の呼値の刻みが細かくなることに伴い、現状の板表示の気配値8本だと見れる価格の範囲が狭くなってしまうので、2本だけ増やして10本になるということでしょうか。2本だけというのが残念ですが、TOPIX100構成銘柄以外の銘柄は呼値の刻みが変わらないので、個人投資家にとっては単純にメリットとなります。

3つ目の「連続約定気配の表示条件が追加」については、どう影響するのでしょうか。予想ができないので、すみませんが私としても判断を保留しておきます。

楽天証券では、WebとモバイルのWebは自動でリニューアルされるので投資家側は何もしなくていいのですが、マーケットスピード、iSPEEDは投資家側でバージョンアップが必要になるので注意が必要です。

変更点の詳細については、楽天証券のリリースでご覧ください。

楽天証券
東証アローヘッドのリニューアル(2015年9月20日)に伴う弊社の対応

2015年9月20日に東証によるアローヘッドのリニューアル対応により、以下のとおり表示等が変更になります。
変更に伴い、マーケットスピードおよびiSPEEDはバージョンアップが必要です。

板表示の気配値が8本から10本に変更になります。

これまで板情報の気配値は上下8本表示を行っておりましたが、今後上下10本表示になります。
板表示の気配値が8本から10本に変更になります

対応チャネルとバージョン情報

Web/マーケットスピード/マーケットスピード(Mac版)/スマートフォンアプリ iSPEED(株、iPhone 版 Andoroid版)/モバイル(Web のみ)

※ マーケットスピード、iSPEEDはバージョンアップが必要となります。

呼値の刻みルールが変更になります。

アローヘッドリニューアルによりTOPIX100構成銘柄の呼値の刻みが以下のとおりに変更になります。
呼値の刻みルールが変更になります


連続約定気配の表示条件が追加になります。

これまでは、一つの注文によって、直前の約定値段から更新値幅の2倍の値段を超えて買い上がる(売り下がる)注文数量が出された場合に、連続約定気配(K)が板情報に表示されておりました。
これに加え、一定時間内(60秒)の複数注文による更新値幅の2倍の値段を超えて買い上がる(売り下がる)注文数量が出された場合にも連続約定気配(K)が板情報に表示されます。

イメージ
連続約定気配の表示条件が追加になります

楽天証券[ ネット証券Blog ] 
12月26日(木)に楽天証券のマーケットスピードが、Ver12.2にバージョンアップし、NISA(少額投資非課税制度)に対応するそうです。 【楽天証券のマーケットスピード Ver12.2(12/26リリース)から、NISAに対応】の続きを読む

楽天証券は、Micorosoftが1月30日に発売するOS「WindowsVista」に対応する「マーケットスピード バージョン6.01」を1月27日の夜にリリースすると発表した。ただし、同バージョンでは一部機能で制限事項があるようだ。 【楽天証券、1月27日にWindowsVistaに対応したマーケットスピード バージョン6.01をリリース】の続きを読む

ジョインベスト証券は、新取引ツール「ジョインベスト・エクスプレス」を、2月25日(日)に提供開始すると発表した。口座開設者は「ジョインベスト・エクスプレス」を無料で利用することができる。 【ジョインベスト証券の新ツール「ジョインベスト・エクスプレス」は2月25日(日)提供開始】の続きを読む

楽天証券のモバイル向けトレーディングツール「iSPEED」が1月18日からKDDIのauの端末にも対応することがわかった。楽天証券のiSPEEDは、すでにNTTDocomoFOMA、ソフトバンクモバイル3G、WILLCOMのW-ZERO3シリーズに対応している。 【楽天証券のiSPEEDがauの携帯端末にも対応】の続きを読む

SBIイー・トレード証券が、7月24日からFOMA700i以降の端末で使用できる株価自動更新機能付ツール「HYPER MOBILE Lite」の提供を開始しています。 【SBIイー・トレード証券が、FOMA700i以降の端末で使用できるiアプリ「HYPER MOBILE Lite」を提供開始】の続きを読む

オリックス証券オリックス証券は、『どこでもトレーダーPro.』の料金を2006年10月2日申込分から大幅に引下げるとともに、4月から10月1日までの間は半年間特別割引料金でサービスを利用できるキャンペーンを実施するそうです。 【オリックス証券、10月にどこでもトレーダーProの料金引下げ。4月から10月までの間は特別割引キャンペーン。】の続きを読む

松井証券株主総会去年は行けなかったライブドアの株主総会に行ってきた。ライブドアの株主総会の話題については、他のインベスタマーさん達のブログのほうが詳しいのでそちらを見てもらうとして、ネット証券Blogでは、ライブドア証券関連を中心にレポートする。株主総会後の事業部別説明会では、既に既報のライブドア証券の2006年5月のシステム一新についての説明に加え、動画配信機能付のリアルタイム投資情報ツールを中国の大連で開発中であることが明らかになった。また、株主からもライブドア証券に関する質問が多く寄せられ、ライブドアグループの中でも株主の関心の高い会社であることがうかがえた。 【[ライブドア株主総会]ライブドア証券、動画配信機能付リアルタイム投資情報ツール(開発中)を公開】の続きを読む

カブドットコム証券カブドットコム証券は、Meネット証券と合併する1月1日から「kabuマシーン」の利用料金大幅値下げし、バージョンアップも行うと発表した。今までは前月の手数料実績10万円以上の場合はkabuマシーンの利用料が無料になっていたが、1月1日以降は、5万円以上と基準が低くなる。 【そろそろ大人のおもちゃ? カブドットコム証券がkabuマシーンをバージョンアップして、利用料を大幅値下げ】の続きを読む

このページのトップヘ