ネット証券Blog

大阪の個人投資家kabuthree(カブスリー)の個人ブログです。ネット証券 / FX / 証券業界 などについて書いています。

 

カテゴリ: システム増強・障害

21日は、東証1部の出来高が36億9898万株、JASDAQは7億4000万株と、ともに過去最高を更新する活況となっている。外国人投資家に加えて、国内の機関投資家、連休中のネット証券経由のデイトレーダの訂正・取消注文の増加、加えて総合証券の窓口・オンラインからの個人客の注文も増えているようだ。この影響で、ジャスダックで売買を管理するシステムの処理速度が遅くなり、証券会社に取引成立の通知が遅れるトラブルが発生、一部のネット証券でも処理が遅くなる現象がおきたようだ。 【出来高急増でJASDAQやネット証券で処理が遅くなる現象が相次ぐ】の続きを読む

楽天証券楽天証券は、8月から9月にかけての一連のシステム障害に関する、国重社長のお詫び文をホームページに掲載した。国重社長はお詫び文の中で「お客様がご自身の大切な資産でお取引をいただいているにも関わらず、必要なサービスを提供できていない実態についても深く反省をいたしております。」と顧客に謝罪している。 【楽天証券、一連のシステム障害に関する国重社長のお詫びを掲載。必要なサービスを提供できていない実態について深く反省。】の続きを読む

楽天証券楽天証券で13日、再びシステム障害が発生してしまった。今回は東証向けの発注システムの不具合によるもので、復旧に手間取ったこともあり、投資家への被害も大きなものとなった。さらに、楽天証券では13日23時の時点で、「当面の対策を協議中」であると発表していて、14日の安定稼動が確約されていない状況であるため、顧客の不安はなお広がっている。 【史上最大の作戦目前の楽天証券でまた障害。14日も再発の恐れ。徹夜で当面の対応を協議中らしい。】の続きを読む

9月9日、東京証券取引所と日本証券業協会は、昨年末からシステム障害が多発しているセンチュリー証券に対して業務改善報告書の提出の請求などの処分を行った。 【東証と日証協も、システム障害多発のセンチュリー証券を処分】の続きを読む

ライブドア証券ライブドア証券は、来年5月を目標にオンライントレードのシステムを自社開発し、TurboLinuxを採用したものに刷新する。中国・大連のライブドア・チャイナで中国人エンジニアを使い開発し、設立準備中の西京ライブドア銀行とも提携して、総合ファイナンスポータルの形成を目指すそうだ。以前、堀江社長は「証券よりブログのほうがシステム構築難しい」と言っていたが、ブログの移行で手間取ったライブドアがどんなシステムを作るのか注目だ。 【ライブドア証券、来年5月を目標に自社開発のシステムをTuboLinuxで構築。】の続きを読む

楽天証券楽天証券で、8月、3度目となる障害がまたまた発生した。楽天証券は「ウェブ・モバイルサービス用の負荷分散器の一部に異常が発生し、レスポンスが悪化した」と説明しているが、ほとんどの顧客が寄付き後から後場途中までログインできない状態に陥ったようだ。なお、マーケットスピードは問題なく使えていたようだ。また、入金反映処理も遅延した。 【楽天証券でまた障害発生。WEB・モバイルでログイン不可に。楽天証券はレスポンス劣化と説明。】の続きを読む

ジャスダック証券取引所の代表取締役専務 菊一護氏とジャスダック・システムソリューションの専務取締役 船戸弘氏29日、ジャスダック証券取引所でシステム障害が発生し、午前中の取引が完全に出来なくなる事態になった。ジャスダックは17時から会見を開き、謝罪するとともに、原因は日立製作所の設定ミスだったことを明らかにした。 【ジャスダック、システム障害で29日午前の取引が全面停止。日立の単純ミスで。五味金融庁長官が厳しく批判。】の続きを読む

楽天証券楽天証券で11日と同じ基幹系DBサーバでまた障害が発生した。楽天証券では原因はまだ調査中としているが、今回の障害はメガバンクの株価急騰によって逆指値注文が大量発生して、サーバがそれをさばき切れなくなったからかもしれない。 【楽天証券の8/24後場の発注遅延障害の原因は、メガバンク株急騰による逆指値注文の大量発生かも】の続きを読む

野澤正平社長関東財務局は、昨年から何度も大規模なシステム障害を発生させているセンチュリー証券に、稼動前の検証や準備、監査の実施などの再発防止策がとられていないとして、安定稼働を早急に確保、危機対応策を策定するとともに、責任の所在を明確にするよう求める業務改善命令を発したそうだ。同社のホームページには野澤正平社長(元山一証券社長)のお詫びのコメントが掲載された。 【関東財務局が、システム障害多発のセンチュリー証券に業務改善命令。野澤社長がお詫びのコメントを発表。】の続きを読む

このページのトップヘ