ネット証券Blog

大阪の個人投資家kabuthree(カブスリー)の個人ブログです。ネット証券 / FX / 証券業界 などについて書いています。

 

タグ:スマホ

岡三オンライン証券[ ネット証券Blog ] 
岡三オンライン証券は、3月17日(月)から、取引所CFDくりっく株365の情報ツール「e-profit 株365」のスマホ版「e-profit 株365 スマートフォン」のサービスを開始しました。利用料は無料です。
以下、岡三オンライン証券のプレスリリースより。

スマートフォン版「e-profit 株365」をリリース
〜 くりっく株365の情報分析からお取引までをワンストップで! 〜


岡三オンライン証券株式会社は、平成26年3月17日(月)より、当社取引所CFD「岡三オンライン株365(くりっく株365)」で提供中の情報分析ツール「e-profit 株365」に、スマートフォン版を追加いたしましたので、お知らせします。

「e-profit 株365」は、取引所CFD(くりっく株365)の相場情報をリアルタイムに提供する情報ツールです。市況情報をはじめ、株式や為替に関する最新ニュース、日米の金融・経済統計データなど、取引に不可欠な情報を網羅するとともに、ティック・チャート、ヒストリカルチャートなどのチャート分析機能を備えた総合的な情報分析ツールです。

スマートフォン版「e-profit 株365」は、スマートフォン用取引画面のメニューから簡単に
起動できるので、外出先でも情報分析からお取引までワンストップで行えるようになっております。
岡三オンライン証券e-profit株365

「e-profit 株365」は、株式会社オーバルネクストが提供している取引所CFD(くりっく株365)用の高機能情報ツールで、これまでにPC用、モバイル用(ガラケー用)がリリースされていましたが、今回新たにスマートフォン版がリリースされました。iPhoneやAndroid端末で利用できるようです。

外出先でPCを利用できない状況でも、スマホがあれば、このツールを使ってリアルタイム情報を確認して取引することが可能になるでしょう。

<参考>岡三オンライン証券
e-profit 株365 スマートフォン

SBI証券[ ネット証券Blog ] 
SBI証券は2月10日に、Android向け株取引アプリ『SBI株取引』を完全リニューアルした、『HYPER 株アプリ』をリリースしました。自動ログイン機能が追加されるなど操作性が向上しています。また、2月24日(月)からAndroid向け先物・オプション取引アプリ『HYPER 先物・オプションアプリ』、3月中にiPhone向け『HYPER 株アプリ』および『HYPER 先物・オプションアプリ』のサービスを開始するとのことです。


従来のSBI証券のスマホ用株取引アプリは『SBI株取引』という名称でしたが、今後はPC用トレーディングツール『HYPER SBI』と同じ『HYPER』ブランドを冠した『HYPER 株アプリ』に変更されました。これまではPC用に比べると機能がかなり制限されていましたが、今回の機能向上に伴い、『HYPER』ブランドを付けてもいいだろうと判断したようです。

いつの間にかアプリが自動でアップデートしていたので、試しに起動して使ってみたところ、『HYPER』を冠しているだけあって、自動ログイン機能や起動時の画面も選択できるようになるなど、大幅な機能向上が確認できました。PC版の方が圧倒的に便利なのは変わりませんが。

HYPER株アプリ画面1
HYPER株アプリ画面2
HYPER株アプリ画面3


私のメインスマホはiPhoneなので、IPhone版が待ち遠しいです。3月のリリースに期待してます。

詳細はSBI証券のニュースリリースを参照して下さい。

新スマートフォンアプリ『HYPERアプリ』シリーズ提供開始のお知らせ


 株式会社SBI証券(本社:東京都港区、代表取締役社長:高村正人、以下「当社」という。)は、新スマートフォンアプリ『HYPERアプリ』シリーズを2014年2月10日(月)より、サービス開始することとしましたので、お知らせいたします。まず、第1弾として、当社が現在提供しておりますスマートフォン用アプリ「SBI株取引 for Android」を完全リニューアルし、自動ログインなどの操作性向上はもちろんのこと、TOP画面を選択できるカスタマイズ機能も加え、Android向け株取引アプリ『HYPER 株アプリ』として、生まれ変わります。

 また、シリーズ第2弾として2014年2月24日(月)より、最短ワンタップで発注可能なスピード注文や気配値やチャートが最短1秒で自動更新されるなど、スピードにこだわったAndroid向け先物・オプション取引アプリ『HYPER 先物・オプションアプリ』のサービスを開始します。
さらに、第3弾として3月中にiPhone向け『HYPER 株アプリ』および『HYPER 先物・オプションアプリ』のサービス開始を予定しております。

 今回の新スマートフォンアプリ『HYPERアプリ』シリーズの提供により、移動中や外出先といったパソコンをご利用できない環境でもより快適かつスピーディに取引が可能となります。今後もさまざまな取引チャネルにおいて、積極的に魅力あるサービス提供を行い、お客さまへより良い投資環境の提供に努めてまいります。

【HYPERブランドの統一について】
 現在、パソコンでご利用いただけるダウンロード型高機能トレーディングツール『HYPER SBI』は、豊富な情報の収集からスムーズな注文発注までを実現し、多くのお客さまにご利用いただいております。このたび、スマートフォンアプリの高機能化に伴い、『HYPER SBI』のスマートフォン版という意味合いも込め、『HYPERアプリ』シリーズと、ブランドの統一化を行いました。

【『HYPER 株アプリ』について】
 5つのメインメニュー画面を完全リニューアル!アプリ起動時のTOP画面設定も可能!
マーケット画面の主要指標・ニュース・ランキング、注文照会の未約定一覧・当日約定一覧などの画面をタブ構成に変更し、スムーズな画面遷移を実現しています。また、アプリを起動した際のTOP画面も任意に設定できますので、アプリ起動時は「マーケットから確認したい」「保有証券から確認したい」といったそれぞれのご要望にもお応えすることができます。

 自動ログイン機能を搭載!アプリ起動からマーケット画面までワンタッチに!
ユーザーネームやパスワード等の自動入力機能や自動ログイン設定機能を追加しましたので、「いち早くマーケット状況を確認したい」「スピーディに発注したい」、という方にも快適にご利用いただけます。

 操作性を徹底的に重視した画面デザインに刷新!主要なマーケット情報も1画面で確認可能!
個別銘柄画面の板表示画面や注文発注画面などのデザインも見やすく操作しやすい構成に刷新しました。また、日経平均・CME日経平均先物・ドル/円など株式取引に不可欠な主要指標が1画面で確認できるなど、情報収集から取引までの流れをスムーズに行うことができます。

【『HYPER 先物・オプションアプリ』について】
 スピードにこだわった機能が満載!スピード注文は、最短ワンタップで注文可能!
取引タイミングを逃さないスピード注文機能を搭載しました。お客さまのお好みで執行条件や決済順序などを設定することで、ワンタップ注文も可能となります。もちろん、ユーザーネームやパスワード等の自動入力機能や自動ログイン設定機能も準備しました。

 気配値(板)、チャートが最短1秒で更新!最新情報を確認して取引可能!
取引する上で欠かせない気配値やチャートがリアルタイムで情報更新します。

 充実の投資情報!国内外の指数やニュースをいつでも確認可能!
日経平均先物はもちろんのこと、CME日経平均先物やNYダウなどの海外指標も確認できます。また、ニュースや先物オプション市況コメントも配信されます。

楽天証券[ ネット証券Blog ] 
楽天証券のスマートフォンサイト(スマホサイト)で、投資信託の取引が可能になりました。また、ログイン後のトップページがスマートフォン用に最適化かされ、「最近見た銘柄」や「マイショートカット」にスムーズに遷移できるようになったそうです。


楽天証券のスマートフォンサイトは、1月25日(土)にリニューアルされました。このリニューアルにより投資信託の取引が可能になりました。

楽天証券の楠裕治社長は、2014年【新年のご挨拶】スマートフォンやタブレットなど機動力の高いチャネルへの対応はどんどん進める計画です。お客様のご利用状況を見ると、一昨年あたりから従来のPC中心の投資スタイルが大きく変化してきています。例えばご注文をいただくお客様の既に3割程度の方がスマートフォンなどからのご利用です。」と宣言していたが、この計画の第1弾が今回のリニューアルのようです。

■ネット証券Blog:楽天証券 楠裕治社長 新年の挨拶「DBサーバの大幅増強を春に予定。処理能力3倍まで高める予定。」

最近のネット証券業界では、NISA対応のついでに新機能を追加するのが流行ってますので、当面はスマホやタブレット対応のWeb・アプリともに機能強化、利便性向上につながるリリースが期待できそうです。

今回のリニューアルの詳細は楽天証券のお知らせをご覧ください。

投資信託もスマートフォンから発注できる!スマートフォンサイトリニューアル

主なリニューアルポイント

  1. 投資信託がスマートフォンから取引できます!お気に入り登録や、検索機能も充実!
  2. お客様が保有なさっている国内外の株式・投資信託の資産比率等を円グラフ等でわかりやすく表示
  3. ログイン後のページデザインをスマートフォンに最適化


投資信託がスマートフォンから直接取引できます!

買い注文も、積立設定もスマホに対応!もちろん目論見書の閲覧もOK!
投資信託の注文がさらに便利になりました。購入はもちろん、積立の設定や目論見書の閲覧もスマートフォンサイトで対応。投資のタイミングを見逃しません。
操作方法はこちら(PDF)

PC並みの検索サービスをスマートフォンでも提供。
フリーワードや注目のテーマからお探しの投資信託を抽出できる「投信スーパーサーチ」を主要な機能を絞って、スマートフォンでも提供いたします。
「かんたん検索」機能をつかえば、投資テーマや分配タイプ、投資地域でかんたんに検索できます。

お気に入りファンド機能がPCと連携。最大で1,000件まで登録できます。
お客様がチェックしたいファンドをお気に入りファンドとして、最大1,000件まで登録できます。お気に入り銘柄はウェブページと同期し保存されますので、パソコンからでもスマートフォンからでも登録・閲覧が可能です。

投資信託がスマートフォンから直接取引できます!


パフォーマンスレポートをスマートフォンでも!

お客様が弊社で保有なさっている株式や投資信託等の資産比率を円グラフなどで表示できる機能を投資いたしました。外出先でも、現在のお客様の資産状況をいつでも確認していただけます。

パフォーマンスレポートをスマートフォンでも!


ログイン後のウェブページのデザインを変更

ログイン後のトップページをスマートフォン用に最適化。
「最近見た銘柄」やPCでもおなじみの「マイショートカット」にスムーズに遷移できます。

ログイン後のウェブページのデザインを変更

SBI証券[ ネット証券Blog ] 
1月18日(土)に、SBI証券のスマートフォンサイト(スマホサイト)がリニューアルしています。従来のサイトでは株式の取引には対応していなかったそうですが、リニューアル後のスマホサイトでは、現物・信用ともに取引が可能になり、NISA口座の取引にも対応しています。


私個人は、スマホでSBI証券の取引をする時はスマホアプリ「SBI株取引」を使用していたので元々不便は感じていなかったのですが、今回はWebブラウザでアクセスするスマホサイトの方がリニューアルされました。

特に、NISAに対応したというのが今回の重要な点です。なぜ重要かというとスマホアプリ「SBI株取引」は現時点でNISA対応していないからです。スマホアプリ「SBI株取引」でも、いずれはNISAについてに対応すると思いますが、「NISA口座」での取引は「一般預り」や「特定口座」のようなアクティブ型の短期投資はそれほど多くないはずですので、アプリよりもWebサイトの方を優先して対応することにしたのでしょう。NISA口座で新規に株取引を開始する投資家は、既存の投資家よりも、スマホのブラウザから取引をする人の割合が高いでしょうから、SBI証券の方針は理にかなっていると思います。

さて、リニューアル後のスマホサイトを使用してみましたが、自動ログイン機能(ユーザーネームとパスワードの保存機能)が備わっているなど、モバイル端末の取引サイトにしては使い勝手がよかったです。

リニューアル内容の詳細はSBI証券のお知らせをご覧ください。

「スマートフォンサイト」全面リニューアルのお知らせ
〜画面デザイン・操作性の全面リニューアルを実施し、国内株式の取引も可能に!〜

スマートフォンサイト全面リニューアルのお知らせ

 株式会社SBI証券(本社:東京都港区、代表取締役社長:眤疾疑諭以下「当社」という。)は、2014年1月18日(土)より、当社が現在提供しているスマートフォンサイトについて、全面的なリニューアルを実施することとなりましたので、お知らせいたします。

 このたびのスマートフォンサイトの全面的なリニューアルは、お客様の利便性向上を実現するべく、画面デザインやメニューを刷新するものです。スマートフォンならではの直観的な画面デザインやメニュー構成を追求することで、これまで以上に快適な操作性を実現いたしました。また、国内株式の取引(現物・信用ともに)に対応しており、2014年1月より開始したNISA(少額投資非課税制度)の取引もできるようになります。このスマートフォンサイトをご利用いただくことで、株価や板を確認しながら、リアルタイムにスムーズにお取引いただけるようになります。

 当社は、2010年10月にiPhone向け株取引アプリ「SBI株取引 for iPhone」をはじめ、2011年6月にAndroid向け株取引アプリ「SBI株取引for Android」、2011年7月にiPhone向けFX取引アプリ「SBI FX α for iPhone」の提供を開始するなど、移動中や外出先といったPCをご利用できない環境でも各種取引が可能となるようスマートフォン向けサービスの拡充に努めてまいりました。今後も、スマートフォンサイトのさらなる拡充や株式・先物オプション取引アプリの拡充・提供を予定しており、様々な取引チャネルにおいて積極的に魅力あるサービスの提供を行い、お客様へより良い投資環境の提供に努めてまいります。

<リニューアル後のスマートフォンサイトの主な新機能>
・サクサク操作できるよう、画面デザイン・メニューを全面的にリニューアル!
・国内株式の現物・信用はもちろん、NISA(少額投資非課税制度)もご注文が可能に!
・スマートフォンサイトに自動ログイン!シームレスな取引が可能に!
※詳細につきましては、当社WEBサイトにてご確認ください。(https://www.sbisec.co.jp)

PR

岡三オンライン証券[ ネット証券Blog ] 
岡三オンライン証券の日本株取引ツール【岡三ネットトレーダースマホ】のiPhoneアプリ版に株主優待情報を閲覧する機能が追加されました。また、4月にiPad版がリリースされる予定であることも明らかになりました。


【まとめ】岡三ネットトレーダースマホに関するお知らせ
  • iPhone版に株主優待情報が追加された(現在はテキスト情報のみ)
  • 近日中にビジュアルも加えた情報にバージョンアップ予定
  • 4月にiPad版をリリース予定

岡三オンライン証券の池田社長は、新年の挨拶で「スマホ、タブレットなど新たな取引ツールの開発、さらには各種投資情報の拡充」と明言していました。今回のお知らせの内容は、その結果が早くも形になって現れたと言っていいでしょう。さらなる取引ツールの機能追加にも期待したいところです。

岡三オンライン証券 お知らせ(PDF)
日本株取引ツール「岡三ネットトレーダースマホ」機能追加のお知らせ
〜スマートフォンアプリから株主優待情報が閲覧可能に〜

岡三オンライン証券株式会社は、平成26年1月3日(金)より、「岡三ネットトレーダースマホ」から株主優待情報を閲覧できるようにしましたのでお知らせいたします。

当社の提供するiPhone 向け日本株取引専用アプリ「岡三ネットトレーダースマホ」は、昨年5月に
サービスリリースして以来、他に類を見ない情報量と操作性を誇るスマホアプリとして、大変ご好評を
いただいております。この度、投資家の皆さまに人気の株主優待情報を、個別の銘柄画面からワンタップで閲覧いただけるようになりました

本優待情報は、テキスト情報でのご提供となりますが、近日中にビジュアルも加えた情報にバージョンアップする予定です。また、本年4月には、iPad版「岡三ネットトレーダースマホ」のリリースも予定しております。

多くの企業が2月、3月に決算を迎えるこれからの時期、株主優待にご興味のある投資家の皆さまは、
ますます便利になる「岡三ネットトレーダースマホ」をこの機会に当社に口座開設の上、ぜひご利用ください。
岡三ネットトレーダー株主優待情報閲覧2

このページのトップヘ