ネット証券Blog

大阪の個人投資家kabuthree(カブスリー)の個人ブログです。ネット証券 / FX / 証券業界 などについて書いています。

 

タグ:Android

iSPEED[ ネット証券Blog ] 
楽天証券のスマートフォン用株取引アプリ「iSPEED」のアイコンが新しくなります。(iOS版、Android版ともに。)


新しいアイコンでは、今更感がありますが、フラットデザインを採用したとのことです。また、「楽天証券」という文字が無くなり、楽天グループを示すものは、赤丸の「R」のみになりました。楽天グループの他のアプリを使用している場合は、見分けやすくなりますね。そして、先物OPやFXの場合は、「iSPEED」の文字の部分がそれぞれ、「先物OP」、「FX」と順次アップデートされるようです。

詳細は、楽天証券のお知らせをご覧ください。

楽天証券
iSPEEDのアイコンが新しくなります。

iSPEEDのアイコンが新しくなります。
楽天証券0

・一目でiSPEEDを見つけられるよう、チャートのグラフィックを追加いたしました。
・小さい文字の廃止やフラットデザインの採用で、視認性の向上を図りました。

・【アップデート日程】
  Android:8月28日リリース V4.1.2、iPhone:9月4日リリース V4.4.0

楽天証券2

今年の10月を目処に全アプリのアイコンをアップデートしてまいります。

SBI証券[ ネット証券Blog ] 
SBI証券は2月10日に、Android向け株取引アプリ『SBI株取引』を完全リニューアルした、『HYPER 株アプリ』をリリースしました。自動ログイン機能が追加されるなど操作性が向上しています。また、2月24日(月)からAndroid向け先物・オプション取引アプリ『HYPER 先物・オプションアプリ』、3月中にiPhone向け『HYPER 株アプリ』および『HYPER 先物・オプションアプリ』のサービスを開始するとのことです。


従来のSBI証券のスマホ用株取引アプリは『SBI株取引』という名称でしたが、今後はPC用トレーディングツール『HYPER SBI』と同じ『HYPER』ブランドを冠した『HYPER 株アプリ』に変更されました。これまではPC用に比べると機能がかなり制限されていましたが、今回の機能向上に伴い、『HYPER』ブランドを付けてもいいだろうと判断したようです。

いつの間にかアプリが自動でアップデートしていたので、試しに起動して使ってみたところ、『HYPER』を冠しているだけあって、自動ログイン機能や起動時の画面も選択できるようになるなど、大幅な機能向上が確認できました。PC版の方が圧倒的に便利なのは変わりませんが。

HYPER株アプリ画面1
HYPER株アプリ画面2
HYPER株アプリ画面3


私のメインスマホはiPhoneなので、IPhone版が待ち遠しいです。3月のリリースに期待してます。

詳細はSBI証券のニュースリリースを参照して下さい。

新スマートフォンアプリ『HYPERアプリ』シリーズ提供開始のお知らせ


 株式会社SBI証券(本社:東京都港区、代表取締役社長:高村正人、以下「当社」という。)は、新スマートフォンアプリ『HYPERアプリ』シリーズを2014年2月10日(月)より、サービス開始することとしましたので、お知らせいたします。まず、第1弾として、当社が現在提供しておりますスマートフォン用アプリ「SBI株取引 for Android」を完全リニューアルし、自動ログインなどの操作性向上はもちろんのこと、TOP画面を選択できるカスタマイズ機能も加え、Android向け株取引アプリ『HYPER 株アプリ』として、生まれ変わります。

 また、シリーズ第2弾として2014年2月24日(月)より、最短ワンタップで発注可能なスピード注文や気配値やチャートが最短1秒で自動更新されるなど、スピードにこだわったAndroid向け先物・オプション取引アプリ『HYPER 先物・オプションアプリ』のサービスを開始します。
さらに、第3弾として3月中にiPhone向け『HYPER 株アプリ』および『HYPER 先物・オプションアプリ』のサービス開始を予定しております。

 今回の新スマートフォンアプリ『HYPERアプリ』シリーズの提供により、移動中や外出先といったパソコンをご利用できない環境でもより快適かつスピーディに取引が可能となります。今後もさまざまな取引チャネルにおいて、積極的に魅力あるサービス提供を行い、お客さまへより良い投資環境の提供に努めてまいります。

【HYPERブランドの統一について】
 現在、パソコンでご利用いただけるダウンロード型高機能トレーディングツール『HYPER SBI』は、豊富な情報の収集からスムーズな注文発注までを実現し、多くのお客さまにご利用いただいております。このたび、スマートフォンアプリの高機能化に伴い、『HYPER SBI』のスマートフォン版という意味合いも込め、『HYPERアプリ』シリーズと、ブランドの統一化を行いました。

【『HYPER 株アプリ』について】
 5つのメインメニュー画面を完全リニューアル!アプリ起動時のTOP画面設定も可能!
マーケット画面の主要指標・ニュース・ランキング、注文照会の未約定一覧・当日約定一覧などの画面をタブ構成に変更し、スムーズな画面遷移を実現しています。また、アプリを起動した際のTOP画面も任意に設定できますので、アプリ起動時は「マーケットから確認したい」「保有証券から確認したい」といったそれぞれのご要望にもお応えすることができます。

 自動ログイン機能を搭載!アプリ起動からマーケット画面までワンタッチに!
ユーザーネームやパスワード等の自動入力機能や自動ログイン設定機能を追加しましたので、「いち早くマーケット状況を確認したい」「スピーディに発注したい」、という方にも快適にご利用いただけます。

 操作性を徹底的に重視した画面デザインに刷新!主要なマーケット情報も1画面で確認可能!
個別銘柄画面の板表示画面や注文発注画面などのデザインも見やすく操作しやすい構成に刷新しました。また、日経平均・CME日経平均先物・ドル/円など株式取引に不可欠な主要指標が1画面で確認できるなど、情報収集から取引までの流れをスムーズに行うことができます。

【『HYPER 先物・オプションアプリ』について】
 スピードにこだわった機能が満載!スピード注文は、最短ワンタップで注文可能!
取引タイミングを逃さないスピード注文機能を搭載しました。お客さまのお好みで執行条件や決済順序などを設定することで、ワンタップ注文も可能となります。もちろん、ユーザーネームやパスワード等の自動入力機能や自動ログイン設定機能も準備しました。

 気配値(板)、チャートが最短1秒で更新!最新情報を確認して取引可能!
取引する上で欠かせない気配値やチャートがリアルタイムで情報更新します。

 充実の投資情報!国内外の指数やニュースをいつでも確認可能!
日経平均先物はもちろんのこと、CME日経平均先物やNYダウなどの海外指標も確認できます。また、ニュースや先物オプション市況コメントも配信されます。

Yahoo!ファイナンスのAndroidアプリ[ ネット証券Blog ] 
Yahoo!ファイナンスのAndroidアプリに証券会社とのサービス連携機能が追加されました。

これにより、Yahoo!ファイナンスのアプリの銘柄ページから「カブドットコム証券」「野村證券」「岡三オンライン証券」「楽天証券」の株取引アプリを直接起動し、株式の売買をすばやく行うことが可能になったようです 【Yahoo!ファイナンスのAndroidアプリから「カブドットコム証券」「野村證券」「岡三オンライン証券」「楽天証券」のアプリを起動可能に】の続きを読む

このページのトップヘ